田原総一朗「安倍首相が私に語った『改憲の必要ない』の真意は?」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「安倍首相が私に語った『改憲の必要ない』の真意は?」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗週刊朝日#安倍政権#田原総一朗
田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年生まれ。ジャーナリスト。東京12チャンネルを経て77年にフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超えた。『トランプ大統領で「戦後」は終わる』(角川新書)など著書多数

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年生まれ。ジャーナリスト。東京12チャンネルを経て77年にフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超えた。『トランプ大統領で「戦後」は終わる』(角川新書)など著書多数

イラスト/ウノ・カマキリ

イラスト/ウノ・カマキリ

 2016年秋、改憲勢力が衆参両院で3分の2の議席を得たので、私は安倍首相に「課題である憲法改正はしないのか」と問うた。

 すると、安倍首相は「大きな声では言えないが、実は憲法改正をする必要がなくなった」のだと答えた。

「集団的自衛権の行使を認めるまで、米国は日米関係が持続できないと、ヤイノヤイノとうるさかった。だが、それを認めたら、米国は満足して何も言わなくなった。だから憲法改正の必要はない」

 これで岡崎、北岡、石破らの目標は達成されたのだ、と捉えていた。

 それにしても、トランプ大統領になってから、米国が要求する、防衛官僚も困惑を示す高額兵器の大量買いが相次ぎ、しかも「いずも」型護衛艦の事実上の空母化についても、政府からは、国民が納得できる何の説明もない。これでは対米従属化の果てしない延長ではないのか。

 しかも、安倍内閣はこのところ、いずれの国会でも審議時間が極端に短く、強行採決の連続である。どうせ野党になど権力奪取の野心も意欲もないのだと馬鹿にしきって、しかも自民党議員たちはほとんどが安倍首相のイエスマンで、反駁や異論も出ない。安倍首相は意のままにふるまえる。森友・加計問題など、安倍首相の神経が緩みすぎていることは明らかだが、それでいて日本では抗議のデモもほとんど起きない。どうなっているのだろうか、一体。

週刊朝日  2019年1月25日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい