「とにかく超越されていた」心臓外科医・天野篤が天皇陛下から学んだこと (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「とにかく超越されていた」心臓外科医・天野篤が天皇陛下から学んだこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
天野 篤さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・小山幸佑)

天野 篤さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・小山幸佑)

天野 篤(あまの・あつし)/1955年、埼玉県生まれ。83年、日本大学医学部卒業後、関東逓信病院臨床研修医、亀田総合病院心臓血管外科医長、新東京病院心臓血管外科部長、昭和大学横浜市北部病院循環器センター長・教授などを経て、2002年から順天堂大学医学部心臓血管外科教授、16年から順天堂大学医学部付属順天堂医院院長。冠動脈オフポンプバイパス手術の第一人者で、12年、天皇陛下の心臓手術を執刀した。近著に『100年を生きる 心臓との付き合い方』(セブン&アイ出版)など。 (撮影/写真部・小山幸佑)

天野 篤(あまの・あつし)/1955年、埼玉県生まれ。83年、日本大学医学部卒業後、関東逓信病院臨床研修医、亀田総合病院心臓血管外科医長、新東京病院心臓血管外科部長、昭和大学横浜市北部病院循環器センター長・教授などを経て、2002年から順天堂大学医学部心臓血管外科教授、16年から順天堂大学医学部付属順天堂医院院長。冠動脈オフポンプバイパス手術の第一人者で、12年、天皇陛下の心臓手術を執刀した。近著に『100年を生きる 心臓との付き合い方』(セブン&アイ出版)など。 (撮影/写真部・小山幸佑)

林:まあ、そうなんですか。

天野:私立の下のほうって、みんなそんなもんですよ。上のほうの2割ぐらいが医学部の運営を支えてるんです。

林:お父さんは寄付金だとか、そういうことがお嫌だったんですか。

天野:そういうことより、当時は寄付金を払うための人間関係が求められたので、縁遠かったのでしょうね。

林:私、先生とほぼ同い年ですけど、お医者さんの子どもはすごい車に乗ってパーティーばっかりしてたのを覚えてますよ。それに群がる女の子がたくさんいて。

天野:ええ。卒業のときの謝恩会に、うちの両親もめかしこんで来てくれたんですが、学内に知り合いもいないし、場になじんでいなくて、しょぼんとしていて可哀想でした。学内でいちばん貧しかったであろうわが家でしたから。

林:そういうのをごらんになって、先生どうお思いになりました?

天野:「こいつら全員抜き去ってやる。全員俺の後ろに置いてやるからな」と心に誓いました。それで実際そうなりましたよ。

林:本当にすごいなあ……。そんな先生を見て、外科医を目指したいという子も多いんじゃないかと思いますけど。

天野:今は外科医ドリームみたいなものを描く若者は少ないですよ。病院経営は外科医が支えて成り立ってるんですけど、そういうのにアンチな人らが教育する側にいるから。医学生から見ると、外科医っていうのは「なんか面倒くせえやつらだな」という思いしかないんですよ。

林:それってゆゆしきことじゃないですか。女の人は皮膚科とか眼科に行く人が多いし。

天野:外科医は臓器を外側から治す唯一の診療科ですからね。今、内視鏡とか、血管の中から治療するカテーテルの治療とかありますけど、外から治さないと完全には治せない病気ってあるんですよ。そのために外科医は必要なんで、志のある外科医をつくらなきゃいけない。ただ、今の日本は高齢者が多くて、若者がアグレッシブに活躍できる領域がなくなってはいます。手術がうまくいかなきゃ医療訴訟にもなるし、活躍できる場がどんどん狭められていって、可哀想なところもあるんですよね。

(構成/本誌・松岡かすみ)

週刊朝日  2019年1月18日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい