“ラスボス”小林幸子「面白がってくれることは楽しんで受け入れる」 キャリア55年のパワーとは (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“ラスボス”小林幸子「面白がってくれることは楽しんで受け入れる」 キャリア55年のパワーとは

太田サトル週刊朝日
派手な衣装がおなじみとなった小林幸子さん(写真:幸子プロモーション提供)

派手な衣装がおなじみとなった小林幸子さん(写真:幸子プロモーション提供)

ツルの上で熱唱する小林幸子さん(さいたまスーパーアリーナでのライブ「ニコニコ超パーティー」にて/写真:幸子プロモーション提供)

ツルの上で熱唱する小林幸子さん(さいたまスーパーアリーナでのライブ「ニコニコ超パーティー」にて/写真:幸子プロモーション提供)

2019年は55周年の節目となる小林幸子さん(写真:幸子プロモーション提供)

2019年は55周年の節目となる小林幸子さん(写真:幸子プロモーション提供)

「私の全然知らない国でも聞かれているわけですからね。『サチィーコ!』とか言われてびっくりします(笑)。彼らには私が演歌歌手だとか、50年以上歌っているとか、そういうことは全く関係ありません。サチコ・コバヤシが歌うこの歌がいいんだと感じてくださっているのがうれしいですね」

 ゲームやアニソンの歌手が集うイベントなどでは、1万人以上の観客を前に大いに盛り上がることも。

「切り替えが大変なんです。アリーナの大きなステージで『イエーーイ!!』って盛り上がった翌日に、先輩の方をしのぶ会のような公演で70歳以上のお客さんを前にしっとり歌うこともあります。『昨日は私、どんなだったっけ?』と、混乱することもあります(笑)」

 演歌歌手とラスボスが並走する活動は、自身も想像できなかった。

「毎日が刺激的です。全く違う層の方々に支えられている歌手は、世界で私だけかもしれません。そう思うと、とてもありがたいな、感謝しなきゃなと思うんです」

 19年は1月放送スタートのアニメ「バーチャルさんはみている」の企画コーナーにも出演する。「バーチャルユーチューバー」のキャラとしてで、役どころはバーチャルグランドマザー。

「グランドマザーのところは、日本語に訳さないでくださいね(爆笑)」

 2月には、55周年記念曲第1弾となる新曲「ポーカーフェイスにさよなら」をリリース予定。今年も演歌とラスボスそろっての活躍が期待される。

「平成が始まったころ、三波春夫さんや村田英雄さんと、『いつか平成生まれの歌手が出てくるんだねぇ』『ほんとですねぇ』なんて会話をしていたら、もう平成が終わるんですよね(笑)。55年間、いろんなことがありました。2019年もいろんなことが起こりそうですが、すべてひっくるめて楽しんでいきたいですね」

(本誌・太田サトル)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい