安倍首相、麻生財務相の地元で鯨食文化も… IWC脱退した日本の行く末

2018/12/28 19:00


 捕鯨に対する賛否は科学的な調査データを通り超えて、哲学論争の領域に入ってきているかのようだ。こうした状況に見切りをつけるかのように、日本政府は2018年末に、国際捕鯨取締条約から脱退し、来年7月に商業捕鯨を再開すると決めた。捕鯨問題は海外、国内とも地域性が強い側面も浮き彫りになっている。

あわせて読みたい

  • クジラで世界が対立は不毛? 国際社会がきちんと解決すべきこととは

    クジラで世界が対立は不毛? 国際社会がきちんと解決すべきこととは

    AERA

    5/7

    「捕鯨」には愛がある? 東海林さだおと“守る会”小泉武夫が「鯨」対談

    「捕鯨」には愛がある? 東海林さだおと“守る会”小泉武夫が「鯨」対談

    週刊朝日

    8/31

  • 世界からひんしゅく 日本が空気「読み違えた」理由

    世界からひんしゅく 日本が空気「読み違えた」理由

    AERA

    4/9

    海に親しむこの季節に考えるクジラ・そしてマリンデブリのこと

    海に親しむこの季節に考えるクジラ・そしてマリンデブリのこと

    tenki.jp

    8/10

  • 捕鯨よりも環境汚染が問題? 世界でわずか7頭のクジラ類も

    捕鯨よりも環境汚染が問題? 世界でわずか7頭のクジラ類も

    BOOKSTAND

    3/17

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す