V6「マイペースだけど、確かな絆がある」6人が語った自身とメンバーの“Super Powers”とは? (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

V6「マイペースだけど、確かな絆がある」6人が語った自身とメンバーの“Super Powers”とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

※写真はイメージ (GettyImages)

※写真はイメージ (GettyImages)

 50枚目のシングル「Super Powers/Right Now」が2019年1月16日に発売となる。「Super Powers」はアニメ「ONE PIECE」主題歌であり、仲間との絆を歌ったものだ。それぞれの「Super Powers」の源、メンバーとの絆、18年から19年に向けての思いについて、話してくれた。

【写真】週刊朝日新春号の表紙を華やかに飾ったV6

■坂本昌行「働いているときのほうがパワーが出る」

 2018年はシングルリリースやスペシャル番組「V6の愛なんだ2018」もあり、ファンの皆さんにも喜んでいただけたんじゃないかな。

 6人でいるときはみんなリラックスしているのでパワーを発揮しているのがわかりにくいんですが、芝居とか料理とかMCとか、それぞれの仕事を見ると「みんな力をつけたんだな」って思います。23年間一緒に過ごして、お互いに信頼し、わかり合っている。ソロでの活動が続いても、ごく自然に6人に戻れますね。もともとV6は目標を決めず、常に目の前にあることに対して一生懸命やってきたグループ。それが結果として今につながっているんだと思います。

 僕自身は休んでいるときよりも働いているときのほうがパワーが出ますし、いろんなアイデアが浮かんできます。ただ、この年齢になると体の疲れはなかなか抜けないので、リフレッシュは必要。最近はなるべくお風呂で湯船につかってリラックスするようにしています。

 そしてファンの皆さんの笑顔こそ、僕らの「Super Powers」。笑顔って、どんなものにも負けないパワーを持っている。皆さんをそんな笑顔に変えられるように、僕らも頑張ります。

さかもと・まさゆき 1971年生まれ、東京都出身
【坂本君のここがSuper Powers】
「ミュージカルや舞台ではカンパニーをまとめ、引っ張っている。この前も舞台を見に行ったが、メンバーとして誇りに思う」(長野)「ものすごく真面目。彼がいてくれるから、みんなが安心してふざけられる。正しい道を見せてくれ、それがメンバーの力になっている」(井ノ原)「すごく真面目。好きなことにはどっぷりハマるタイプで、そのときのパワーはすごい」(森田)「器用で何でもこなせてしまう」(三宅)「深く追求する方。ミュージカル、舞台、音楽に対する愛情や探究心がすごい」(岡田)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい