「7歳で親を養う覚悟をしたことが自立につながった」 83歳・美容家が個性を重視する理由 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「7歳で親を養う覚悟をしたことが自立につながった」 83歳・美容家が個性を重視する理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
小林照子(こばやし・てるこ)/1935年生まれ、美容研究家。化粧品会社で美容を研究し「ナチュラルメイク」を創出。91年にコーセー取締役・総合美容研究所所長を退任後、56歳で「美・ファイン研究所」を設立。59歳で「フロムハンド小林照子メイクアップアカデミー」開校、83歳の今も「医療と美容の関係」に注目した活動実施 (撮影/写真部・片山菜緒子)

小林照子(こばやし・てるこ)/1935年生まれ、美容研究家。化粧品会社で美容を研究し「ナチュラルメイク」を創出。91年にコーセー取締役・総合美容研究所所長を退任後、56歳で「美・ファイン研究所」を設立。59歳で「フロムハンド小林照子メイクアップアカデミー」開校、83歳の今も「医療と美容の関係」に注目した活動実施 (撮影/写真部・片山菜緒子)

女性の働き方年表 (週刊朝日 2019年1月4-11日合併号より)

女性の働き方年表 (週刊朝日 2019年1月4-11日合併号より)

小島:長く連れ添った夫婦が別れる「熟年離婚」が増えています。それも目覚めたってことなんでしょうね。目覚めた時に経済的な自立ができないことも、女性を苦しめています。

小林:女の子を家庭でどう育てるかが、自立に大きな影響を及ぼしているんじゃないかしら。「若いうちにセレブな男を見つけなさい」という親もいるわけですよ。私は娘が生まれてしばらくして「血はつながっていてもこの子は私とは別人格」と感じとったの。実際、彼女は私とは違ういい面をたくさん持っているんです。才能の芽みたいなものを見つけて「がんがんやりなさい!」って伸ばしていけばいいのよ。

小島:小林さんは欠点ではなく、いいところに目が行くんですね。美容でも「欠点を隠すのではなくていいところを見つけなさい」と教えています。でも日本人は人を褒めたりいいところを見つけるのが苦手ですよね。

小林:美容の世界では「目が小さいから大きく見せましょう」とか「肌が乾燥気味だからうるおいを与えましょう」で済んでしまうことがあるの。8割の美容家はそうしているんじゃないかしら。でも私は、それだけではない。キャラクターは尖っているほうがおもしろい。目が小さいから大きくしただけの人なんかいらないわけですよ。いいところを見つけて際立たせると、その人の個性がパッと輝くの。仕事をしてきた中でプラスを見つける目を養えたのは、すごく良かった。若い世代にも「プラスを見て」と伝えると生き方がポジティブに変わっていく。教育にもどんどん取り入れるといいわね。

小島:日本の教育は「これをしてはいけない」という躾がベースで、いいところを伸ばすことが少ない。もったいないですよね。

(構成/ライター・熊谷わこ)

※週刊朝日 2019年1月4‐11日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい