みやぞんが「24時間テレビ」トライアスロン前後の変化を自己分析! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

みやぞんが「24時間テレビ」トライアスロン前後の変化を自己分析!

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡かすみ週刊朝日
みやぞん(ANZEN漫才)/1985年、東京都生まれ。2009年、保育園の幼なじみであるあらぽんと「ANZEN漫才」を結成。ギターを弾きながらの歌ネタやコントなどで注目され、16年に「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)でブレーク。17年、「かならず選挙に行く」でCDデビュー。18年8月、「24時間テレビ」(同)でトライアスロンに挑戦し、完走。趣味は野球、格闘技、ギター。(撮影/写真部・大野洋介)

みやぞん(ANZEN漫才)/1985年、東京都生まれ。2009年、保育園の幼なじみであるあらぽんと「ANZEN漫才」を結成。ギターを弾きながらの歌ネタやコントなどで注目され、16年に「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)でブレーク。17年、「かならず選挙に行く」でCDデビュー。18年8月、「24時間テレビ」(同)でトライアスロンに挑戦し、完走。趣味は野球、格闘技、ギター。(撮影/写真部・大野洋介)

みやぞんさん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・大野洋介)

みやぞんさん(左)と林真理子さん (撮影/写真部・大野洋介)

 お茶の間の人気者、お笑いタレントのみやぞんさん(ANZEN漫才)のご登場です。天然キャラに人懐っこさ、そして一度見ると忘れられない笑顔で、人気を博すお笑いタレントのみやぞんさん。作家・林真理子さんとの対談では、「24時間テレビ」のトライアスロンの裏側を語ってもらいました。

【林真理子さんとのツーショット写真はこちら】

*  *  *
林:みやぞんさんって、ツッコむわけでもないし、いじめられるわけでもないし、不思議な立ち位置にいますよね。イヤなことは言わないし、いじめたりもしないし。愛されキャラで、邪気のない子どものようなこの笑顔に癒やされる人、すごく多いと思いますよ。

みやぞん:わあ、うれしいです。そう言っていただくと、気分がよくなりました(笑)。

林:私、8月の「24時間テレビ」(日本テレビ系)でみやぞんさんのトライアスロンを見てましたけど、「アスリートの人じゃなきゃ、こんなこと無理じゃない?」って思いましたよ。それまでトライアスロンってやったことなかったんでしょう?

みやぞん:まったく。泳ぎなんて小学校、中学校でやったぐらいですよ。そのあとプールの監視員をやったことがあるんですけど、それも泳ぎがうまいからやってたわけじゃなくて。

林:それなのにラクラクとやり遂げたから、びっくりしちゃいました。

みやぞん:ぜんっぜん、ラクラクじゃないですよ!

林:もちろんつらそうだったけど、息も絶え絶えという感じには見えなかったです。

みやぞん:いや~、もう全力で走りました。これ以上走れないというぐらい全部出し切ったと思います。

林:私の周りでもトライアスロンやってる人いますけど、お医者さんとか、けっこうインテリの人が多いんですよね。なんか知らないけど、知的な計算があるみたいで。

みやぞん:そうらしいんですよ。たとえばスイミングからバイクに移るときに、サッとはけるように靴を置いておくとか、ベストの段取りを計算して準備するのが楽しくてたまらないんですって。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい