「40代で遺言書」は早すぎない! もめないための相続準備 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「40代で遺言書」は早すぎない! もめないための相続準備

このエントリーをはてなブックマークに追加
赤根千鶴子週刊朝日#もめる相続
弁護士・澤田有紀さん(さわだ・あき)/みお綜合法律事務所代表。大学卒業後、住友商事勤務を経て専業主婦に。阪神・淡路大震災をきっかけに一念発起し、専業主婦から弁護士に転身。通称「主婦弁(しゅふべん)」

弁護士・澤田有紀さん(さわだ・あき)/みお綜合法律事務所代表。大学卒業後、住友商事勤務を経て専業主婦に。阪神・淡路大震災をきっかけに一念発起し、専業主婦から弁護士に転身。通称「主婦弁(しゅふべん)」

相続終活専門協会 代表理事・江幡吉昭さん(えばた・よしあき)/住友生命、英スタンダードチャータード銀行を経て現職。著書に『500平方メートル以上の広い土地を引き継ぐ人のための得する相続』。遺言のポータルサイト「遺言相続.com」の運営も

相続終活専門協会 代表理事・江幡吉昭さん(えばた・よしあき)/住友生命、英スタンダードチャータード銀行を経て現職。著書に『500平方メートル以上の広い土地を引き継ぐ人のための得する相続』。遺言のポータルサイト「遺言相続.com」の運営も

どうしても遺産の状況を教えてもらえない場合
【内容証明郵便で送る、遺産の開示を求める例文】
「こういった文書を内容証明郵便で送ると、さすがに相手も情報を開示してくることも。普通郵便やメールではないほうがいいと思います」(澤田さん)。出典・『ネットではわからない相続問題の片づけ方』(澤田有紀著) (週刊朝日 2019年1月4-11日合併号より)

どうしても遺産の状況を教えてもらえない場合
【内容証明郵便で送る、遺産の開示を求める例文】
「こういった文書を内容証明郵便で送ると、さすがに相手も情報を開示してくることも。普通郵便やメールではないほうがいいと思います」(澤田さん)。出典・『ネットではわからない相続問題の片づけ方』(澤田有紀著) (週刊朝日 2019年1月4-11日合併号より)

「親の預貯金と不動産に関しては、自分で調べる方法もあります。親の通帳が見つかれば、その通帳の口座がある支店に預貯金残高証明書か取引履歴を発行してもらうのです」

 この手続きは他の相続人の同意がなくても、単独で行うことができる。

「取引履歴のほうが入出金の記録までわかるので、おすすめです。預貯金残高証明書や取引履歴をとるには親が死亡していることを証明する戸籍謄本(除籍謄本)、またこちらが相続人であることを証明する戸籍謄本、印鑑証明書等が必要です。通帳が見つからないときは、キャッシュカードや金融機関のカレンダーなどを探してみることです」

 不動産に関しては権利証(登記済証)、もしくは固定資産税納税通知書。それもない場合は親の不動産のある市区町村役場に行き、固定資産課税台帳をチェックする。そしてその台帳に基づいて所有者ごとに不動産が一覧になっている「名寄(なよせ)帳」を調べるのだ。そしてもし、親の死亡前後などに大きな金額が引き出されていたりするのであれば、上のような書面を内容証明郵便で相手に送ることだ。

 内容証明郵便は、誰が誰あてにいつ、どんな内容の郵便を出したか郵便局が公的に証明してくれる郵便。

「ゆえに、こちらの本気度を相手に示すことができるわけです」

 内容証明郵便にはさすがに驚く人も多い。そこできょうだいのほうが折れて、情報を開示してくることもある。だがそこまでやっても教えてもらえない場合は、

「家庭裁判所での調停で明らかにすることですね。相続の争いの場合はいきなり裁判をするわけではありません。まずは話し合いです」

 ケース・バイ・ケースだが、きょうだい間でモメごとをズルズル引きずっても解決の糸口はなかなか見えてこないものだ。

「このような場合は“冷静なほう”が淡々とものごとを進めて、事態を収束させていくことが大切なのです」

 一人っ子ではなくきょうだいがいる家に生まれたのなら、やはりきょうだい間でもつかず離れず最低限のコミュニケーションは取り続けることが、モメごとを遠ざけるのだ。親に対して、子に対して、きょうだいに対して。結局、相続では、家族同士の小さな心遣いの有無が問われているのかもしれない。(赤根千鶴子)

週刊朝日  2019年1月4‐11日合併号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい