乾燥肌を体の内側から解消! 皮膚科医オススメ「一石三鳥」料理とは

岩下明日香週刊朝日#ヘルス#健康#美容
 年齢を重ねると失われやすい肌の潤い。顔のつっぱりや粉ふきの原因は体の内側のケアでも回避できます。冬場にぴったり「一石三鳥」のオススメ料理を皮膚科医がご紹介。

*  *  *
乾燥注意報が出るような日には、顔がつっぱった感じがする。そんな感覚があるほど女性の肌は敏感。よしき皮膚科クリニック銀座(東京都)には、顔がピリピリしたり、粉をふいたりする症状の患者が多く訪れる。「乾燥で化粧ノリが悪い」「肌がくすんだ感じがする」など、様々な相談が寄せられるという。

 吉木伸子院長は「秋から冬にかけて気温が急激に下がると、肌は乾燥しやすくなります。化粧水やクリームに頼りがちですが、乾燥する原因の一つは、化粧を落とす際のクレンジングなのです」と指摘する。

 クレンジングは様々なタイプがある。オイルやリキッド、ふき取るタイプは洗浄力が強いが、肌の潤いも一緒に落としてしまう。

「肌の潤いを保つ物質セラミドは、年齢とともにどうしても減っていきます。セラミドをできるだけ落とさないようにすることと、美容液で補ってあげることが大切です」(吉木院長)

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック