男子ゴルフが盛り上がるには? 丸山茂樹が考えるポイント (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

男子ゴルフが盛り上がるには? 丸山茂樹が考えるポイント

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

子どもたちと触れあってきました!!

子どもたちと触れあってきました!!

 僕自身の18年は、とくに何も変わることがなかったんです。でも、ゴルフ界の問題が起こったときに、「無力だな」とは感じました。何か自分にできることはないかと考えたんですけど、なかなかうまい発想がないっていうか。僕自身の仕事としてはいろんな土地に呼んでいただいて話をさせてもらったり、ゴルフの解説をさせてもらったりと、順調に過ごさせてもらいました。ただゴルフ界への手助けっていう意味では、もうちょっと頑張りたいです。

 今後のこととしては来年9月に50歳になってシニアの試合に出られるので、日米ともに出場の登録をしました。いま現在「あの試合から出る」って見通しはないですけど、登録をしておけば目標ができますから。それで十分なんです。

 日本だと50歳になってすぐにあるのが「日本シニアオープン」。いきなりか!って気持ちもあるし、そこまでにちゃんと自分で整えていけるかどうかってのは、非常に大きな問題ですね。全体的なゴルフのまとまりがなければ、やっても意味がないですからね。参加することに意義があるのか、優勝争いできるところまで持ってかなきゃ意味がないのか。そこも難しいなあと思ってます。

週刊朝日  2019年1月4‐11日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい