アカデミー賞最有力! 可憐なレディー・ガガの演技に評論家は? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

アカデミー賞最有力! 可憐なレディー・ガガの演技に評論家は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
長沢明週刊朝日
(c)2017 INDIGO FILM CRISTALDI PICS MACT PRODUCTIONS JPG FILMS VENTURA FILM

(c)2017 INDIGO FILM CRISTALDI PICS MACT PRODUCTIONS JPG FILMS VENTURA FILM

(c)2017 INDIGO FILM CRISTALDI PICS MACT PRODUCTIONS JPG FILMS VENTURA FILM

(c)2017 INDIGO FILM CRISTALDI PICS MACT PRODUCTIONS JPG FILMS VENTURA FILM

■大場正明(映画評論家)
評価:★★★ なかなかGOOD!
レディー・ガガは歌だけでなく、女優として輝きを放っている。監督に挑戦したクーパーのバランス感覚も光る。脇役から個性や存在感を引き出し、父娘の親密な関係や音楽も絡む兄弟の深い確執を細やかに描き出している。

■LiLiCo(映画コメンテーター)
評価:★★★ なかなかGOOD!
普通のスター誕生物語ではない。二人の人生が交差し大きく変わる。そして一生忘れることのないラストシーンの後に考えてしまう。幸せとは? B・クーパーは監督に向いてるし、ガガは自然でイイ!「シャロウ」は名曲!

■わたなべりんたろう(映画ライター)
評価:★★★★ 超オススメ、ぜひ観て
ここまで生々しくエモーショナルな作品は近年ではなかった。監督第1作と思えない手腕に脱帽だ。主演も兼ねたクーパーが師のイーストウッドに今後どこまで迫るかも楽しみだ。ガガは勿論、俳優陣の奥深い演技も堪能。

(構成/長沢明[+code])

週刊朝日  2018年12月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい