まるでNHK=猫放送協会? Eテレで「全国民猫マニア化計画」進行中 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

まるでNHK=猫放送協会? Eテレで「全国民猫マニア化計画」進行中

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ
カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

イラスト/カトリーヌあやこ

イラスト/カトリーヌあやこ

 愛猫に官位を授けて、「命婦のおとど」と命名。ある日、猫の世話係の高級女官が、言うことを聞かない猫に腹を立て、犬の翁丸をけしかけた。

 それを知った一条天皇は、女官を即クビにして、翁丸を流刑地送りにしたという話。これ、今だったら犬派・猫派論争が勃発する炎上案件ですよ。

 清少納言のことだから、アクセス数を稼ぐために、わざと書いたのかもしれないけれど。

 そして「第2次猫ブーム」は江戸時代。浮世絵師・歌川国芳は、常に懐に猫を2、3匹入れ、話しかけながら絵を描いていたという。

 重いわ、腹が! 描きづらいわ、絵が! 暑いわ、夏!

 しかし、さすが猫界の神絵師・国芳先生。「猫の手も借りたい」を、自ら体現しつつ、サラサラと猫漫画を生み出したはずだ。

 番組は、「ここで講師の方を紹介します」なんて、Eテレらしい作りなんだけど。その内容は、「所詮、人間は猫の下僕」だという事実一択。猫放送協会の、ミャ(マ)インド・コントロールは、粛々と続くのだ。

週刊朝日  2018年12月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

カトリーヌあやこ

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など。

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい