雨宮塔子が“女子アナブーム”を回顧「苦しんでる人は多かったかも」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

雨宮塔子が“女子アナブーム”を回顧「苦しんでる人は多かったかも」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#林真理子

雨宮塔子さん(右)と林真理子さん(撮影/倉田貴志 ヘアメイク/鈴木ナオ[eight peace])

雨宮塔子さん(右)と林真理子さん(撮影/倉田貴志 ヘアメイク/鈴木ナオ[eight peace])

雨宮塔子(あめみや・とうこ)/1970年、東京都生まれ。成城大学卒業後、93年にTBS入社。「どうぶつ奇想天外!」「チューボーですよ!」の初代アシスタントを務めるなどバラエティーを中心に活躍、人気アナウンサーに。99年TBSを退社し渡仏、西洋美術史を学ぶ。2002年、フランス・パリ在住のパティシエと結婚。03年に長女を、05年に長男を出産。14年に結婚生活を解消。16年7月から報道番組「NEWS23」(TBS系)にキャスターとして出演、日本に拠点を移す (撮影/倉田貴志 ヘアメイク/鈴木ナオ[eight peace])

雨宮塔子(あめみや・とうこ)/1970年、東京都生まれ。成城大学卒業後、93年にTBS入社。「どうぶつ奇想天外!」「チューボーですよ!」の初代アシスタントを務めるなどバラエティーを中心に活躍、人気アナウンサーに。99年TBSを退社し渡仏、西洋美術史を学ぶ。2002年、フランス・パリ在住のパティシエと結婚。03年に長女を、05年に長男を出産。14年に結婚生活を解消。16年7月から報道番組「NEWS23」(TBS系)にキャスターとして出演、日本に拠点を移す (撮影/倉田貴志 ヘアメイク/鈴木ナオ[eight peace])

「チューボーですよ!」で人気を博し、女子アナブーム真っ只中の1999年にTBSを退社し、渡仏した雨宮塔子さん。現在は、報道番組「NEWS23」(TBS系)のメインキャスターを務める雨宮さんが作家・林真理子さんとの対談で、当時の女子アナブームを振り返りました。

【その他の雨宮塔子さんの写真はこちら】

*  *  *
林:今、お子さんはおいくつなんですか。

雨宮:上が15歳、下が13歳です。上が娘で、下が男の子で。

林:もうそんなに大きくなったんですね。学校のことは、別れたご主人がやってくれてるんですか。

雨宮:子どもが自分で対処することが多いです。だから強くたくましくなってくれてますね。子どもたちにこれだけのバイタリティーがなかったら、私、とっくにパリに戻っていたと思います。

林:私は、親が子どもにべったりするのがいいとは思ってなくて。うちの夫は「もっと子どもといてやれ」ってキーキー言いますけど、母親が楽しそうに生きてるって、子どもにとっても非常に重要なことだと思うんです。

雨宮:それ、フランス的な考え方ですよ。「お母さんが家庭で笑ってないと、子どもは幸せになれない」ってみんな言います。

林:私もそう思います。私がある雑誌に「しなかった後悔は日に日に大きくなるが、した後悔はどんどん小さくすることができる」って書いたら、雨宮さんも同じことを言ってましたよね。

雨宮:私も本当にそうだなと思ったんですよ。しなかった後悔って、たぶん死ぬまで引きずっちゃうと思うんです。

林:やった失敗なんて、大したことじゃないもんね。

雨宮:自分で選んだことだから、腹くくれますよね。「もし戻れるとしたら、どういう決断をしたと思いますか?」ってよく聞かれるんですけど、やっぱり同じ決断なんです。

林:TBSをやめたのは、パリに行って美術史の勉強をしようと思ったからでしょう?

雨宮:美術史にはもちろん興味があるんですが、やっぱりそれはこじつけですよね。「行きたい」という気持ちがあって、番組も会社もやめて行くので、それなりの理由づけみたいなところもあったんです。

林:あのころ、バブルはもう終わってましたっけ。

雨宮:終わってました。私、93年入社なんです。

林:でも、お給料はメチャクチャよかっただろうし、「チューボーですよ!」で人気は出たし、「べつにやめる必要ないのに」ってみんな思ったんじゃないですか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい