“人づきあいと場所”は大事 医師の「認知症予防」アイデア

「健脳」養生法――死ぬまでボケない

帯津良一

2018/12/17 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「人づきあいの効果」。

あわせて読みたい

  • 「生命エネルギーの高いところに身を置いて」帯津医師の“良き老い”
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「生命エネルギーの高いところに身を置いて」帯津医師の“良き老い”

    週刊朝日

    12/9

    東京五輪は開催? 帯津医師「生命の躍動、高まりがないならやらないほうがまし」
    筆者の顔写真

    帯津良一

    東京五輪は開催? 帯津医師「生命の躍動、高まりがないならやらないほうがまし」

    週刊朝日

    3/8

  • 指圧・マッサージと認知症予防はいい関係? 帯津医師の見解
    筆者の顔写真

    帯津良一

    指圧・マッサージと認知症予防はいい関係? 帯津医師の見解

    週刊朝日

    10/8

    いい病院はロビーに入っただけでわかる 帯津医師の見極め方とは?
    筆者の顔写真

    帯津良一

    いい病院はロビーに入っただけでわかる 帯津医師の見極め方とは?

    週刊朝日

    6/7

  • 「わからない」を前提にするとうまくいく? 帯津医師の“良き老い”
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「わからない」を前提にするとうまくいく? 帯津医師の“良き老い”

    週刊朝日

    12/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す