“うちカフェ”仕様の一品 7万円のコーヒーマシンが欲しい! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“うちカフェ”仕様の一品 7万円のコーヒーマシンが欲しい!

連載「楽屋の流行りモノ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田美保子週刊朝日#山田美保子
山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

山田美保子(やまだ・みほこ)/1957年生まれ。放送作家。コラムニスト。「踊る!さんま御殿!!」などテレビ番組の構成や雑誌の連載多数。人気番組「情報ライブミヤネ屋」などのコメンテーターやマーケティングアドバイザーも務める

ネスプレッソの「クレアティスタ・プラス」は、カフェのような本格的なスタイルを楽しめるコーヒーメーカー。好みのコーヒーが選べるほか、フォームミルクでラテアートにも挑戦できる。希望小売価格:7万200円(税込み)。直営店と公式サイト(www.nespresso.com)で販売中

ネスプレッソの「クレアティスタ・プラス」は、カフェのような本格的なスタイルを楽しめるコーヒーメーカー。好みのコーヒーが選べるほか、フォームミルクでラテアートにも挑戦できる。希望小売価格:7万200円(税込み)。直営店と公式サイト(www.nespresso.com)で販売中

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が楽屋の流行(はや)りモノを紹介する。今回は、ネスプレッソの「クレアティスタ・プラス」。

【ネスプレッソの「クレアティスタ・プラス」の写真はこちら】

*  *  *
 番組の打ち上げには欠かせない“景品”にピッタリなモノとは、出せば絶対に盛り上がるに違いないのだけれど、自前で即決が難しいモノなのではないか。

 もし、そういうモノが一人暮らしのADさんに当たったりしたら、「これは、会社で使おう」「いや、スタッフルームに置いて、収録のときだけスタジオの前室に置こう」などとエライさんから提案があるに違いない。

 カプセルコーヒー、専用コーヒーメーカー、トータルサポートによる“こだわりのコーヒーブランド”「ネスプレッソ」の最高機種にして新製品、「クレアティスタ・プラス」は、直営チャネル限定販売なれど、早くも“景品”として指名買いされるモノの一つだ。

 7万200円。番組の打ち上げの景品としては、特等の部類に入るが、値段の紹介のみならず、ぜひとも箱から本体を出して、参加者の「おーーーー」というリアクションをとりたい代物。なんなら、デモンストレーションをしても盛り上がること必至だろう。

 メタルな見た目は、洒落たカフェのカウンターに設置されているかのよう。さらに、「リストレット」「エスプレッソ」「ルンゴ」という3種のコーヒーに加え、「カフェラテ」「カプチーノ」「フラットホワイト」「ラテ・マッキャート」「フォームミルク」という5種のミルクメニューを楽しむことができるのだ。

 パッと見で、専用のミルクジャグが付いていることがわかるが、「全自動ミルクスチーマーを搭載しているため、豊富なミルクメニューに対応している」と改めて説明を聞くと、これ一台あればカフェがオープンできるのではないかとさえ思ってしまう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい