ゴリラ肉にラクダ丼…「辺境メシ」食べる高野秀行の原動力 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ゴリラ肉にラクダ丼…「辺境メシ」食べる高野秀行の原動力

このエントリーをはてなブックマークに追加
仲宇佐ゆり週刊朝日
高野秀行(たかの・ひでゆき)/1966年、東京生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学探検部時代に書いた『幻獣ムベンベを追え』でデビュー。2013年の『謎の独立国家ソマリランド』で講談社ノンフィクション賞、梅棹忠夫・山と探検文学賞 (撮影/写真部・小山幸佑)

高野秀行(たかの・ひでゆき)/1966年、東京生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学探検部時代に書いた『幻獣ムベンベを追え』でデビュー。2013年の『謎の独立国家ソマリランド』で講談社ノンフィクション賞、梅棹忠夫・山と探検文学賞 (撮影/写真部・小山幸佑)

 大学生のときから、人が行かないところに行き、人がやらないことをやって、笑って楽しめるノンフィクションを書いてきた。40歳くらいまでは年収が200万円に届かないこともめずらしくない中、生活レベルを落とせば問題ないと、ずっと好きなことをやってきた。『アヘン王国潜入記』をはじめ、笑いを交えた独特の文体の作品には熱心なファンがいるが、広く認知されたのは、2013年の『謎の独立国家ソマリランド』が評判を呼んでからだ。

「自分の常識がまったく覆されるところが辺境地のいちばんの魅力です。僕は世界観が広がることが好き。年明けは西アフリカで納豆を取材します」

 自分の「食の可動域」を問われる『辺境メシ』。イラクの鯉の円盤焼きなど、時々おいしそうなものも出てくるのでご安心を。(仲宇佐ゆり)

※週刊朝日2018年12月14日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい