がんの母に「汚い」と罵るめいが憎らしい 悩み相談の回答は? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

がんの母に「汚い」と罵るめいが憎らしい 悩み相談の回答は?

連載「前川喜平の”針路”相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加
前川喜平週刊朝日#前川喜平

 文部科学省で事務次官を務めた前川喜平氏が、読者からの質問に答える連載「“針路”相談室」。今回は、同居する3人のめいからの言動に悩む女性からの相談です。

*  *  *
Q:50歳独身女性です。父が亡くなり、父の保険金で家を新しくし、20年ほど前から母と兄家族と一緒に暮らしています。兄の家族は、兄夫婦に3人のめいです。私はその3人のめいが憎らしくてたまりません。

 めいが幼い頃からこれまで一度も、「おはよう」「ありがとう」「ごめんなさい」を言われたことがありません。最近、実母ががんになり、治療の副作用で髪が抜け、下痢が続いているのですが、それに対しても「汚い」「入院させて」などと言うのです。母は当然落ち込んでいます。兄にめいの言動を泣きながら注意すると、「怒ること?」と一言。

 こんな家、一刻も早く出たい。でも、お金がありません。母にも家にいてと頼まれます。私の心は黒く荒(すさ)む一方です。(千葉県・50歳・女性)

A:自分のおばあちゃんにそんなひどいことを言うなんて、3人のめいは人間として本当に失格だと思います。この子たちのためにも、いつか心を入れ替える機会があればいいなと思いますが、ご質問を読む限り、それは難しそうですね。めいがそんなふうに育ったのは、兄夫婦にも責任があるでしょう。肉親ともめるのは本当につらいことだと思いますが、憎い気持ちを収めるためには、「丑(うし)の刻(こく)参り」を試してみるのもいいかもしれません(笑)。深夜に近くの神社へ行って、兄家族5人に見立てたわら人形を五寸釘でご神木に打ち付けるのです。少しは気持ちが収まるかも。

「家を出たい」という気持ちはよく分かります。“兄弟は他人の始まり”とも言われますが、この際本当に他人になった方がいいのではないでしょうか。このまま同じ家にいて、関係を改善するのは難しいでしょうから。肉親だからといって仲良くしないといけないというわけではない。兄家族とは縁を切って、お母さんと二人で暮らした方がいいと思います。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい