津田大介「米サイトが選ぶ今年の単語に『誤情報』」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「米サイトが選ぶ今年の単語に『誤情報』」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

津田大介週刊朝日#津田大介
津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

ホワイトハウスであったトランプ米大統領の記者会見 (c)朝日新聞社

ホワイトハウスであったトランプ米大統領の記者会見 (c)朝日新聞社

「『虚偽情報』は他の誰かに投げかけられる外向きの言葉です。誰かに向かって『これは虚偽情報だ!』と。一方で、『誤情報』は自分自身の行動を省みる内向きの言葉というニュアンスが強い。これは誤情報との戦いにおいて極めて重要なポイントです。自己反省の言葉であり、行動を促す言葉となりうるのです」

 ソロモン氏は虚偽情報として拡散した情報であっても、最終的に誤情報となりうることも指摘している。虚偽情報を受け取った人が、それを真に受けて他の人に広めた場合には、だます意図のない間違った情報──誤情報になるからだ。

 インドやメキシコでは、ソーシャルメディアで広まった誤情報により無関係の人物が誘拐犯と間違われ、リンチや殺害される事件が起こっている。こうした事件でデマを流した加害者たちは、おそらく誰かをだます意図を持っていたわけではない。しかし意図がなくても、誤情報は現実の悲劇を生み出している。

 人は間違いを指摘されても、なかなか受け入れられないものだ。そこに「他人をだまそうとした」という疑いまで向けられれば、余計に受け入れ難くなる。他人を攻撃する言葉ではなく、自分をいさめる言葉を取り上げることで、おのおのがこの問題に向き合おうというのが「辞書」ならではのメッセージなのだろう。

週刊朝日  2018年12月14日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

津田大介

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『情報戦争を生き抜く』(朝日新書)

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい