眞子さま“破談”危機 小室さんの“別の顔”とは?【第2位 8月1日】 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

眞子さま“破談”危機 小室さんの“別の顔”とは?【第2位 8月1日】

このエントリーをはてなブックマークに追加
皇室取材班週刊朝日#皇室

眞子さま (c)朝日新聞社

眞子さま (c)朝日新聞社

異例の支援を受けて留学する小室さん。小室さんの留学で距離ができることは眞子さまにとって「良い機会」と受け止める声も (c)朝日新聞社

異例の支援を受けて留学する小室さん。小室さんの留学で距離ができることは眞子さまにとって「良い機会」と受け止める声も (c)朝日新聞社

 2018年も年の瀬に迫った。そこで、AERA dot.上で読まれた記事ベスト20を振り返る。

 2位に輝いたのは8月1日に配信した「眞子さま“破談”危機 小室さんの“別の顔”とは?」だった。国民的関心事である、秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんの婚儀。本来の予定では、今年11月4日にお二人は挙式されている予定であった。だが、小室さんの母の佳代さんの“金銭トラブル”が発覚すると、状況は一変。2月には納采の儀を2020年に延期することが発表され、8月からは小室圭さんがアメリカに留学してしまった。その後、秋篠宮家は沈黙を貫かれてきたが、11月30日に行われた誕生日会見で秋篠宮さまは「納采の儀」は行えないことを明らかにした。

*  *  *

 秋篠宮家の長女眞子さま(26)との婚約を延期している小室圭さん(26)がまもなく、3年間の米国留学へ発つ。「眞子さまと結婚する意思は変わらない」。そんな談話を出発前に公表する予定という。だが、そう遠くない時期に2人の“純愛物語”に終止符が打たれるかもしれない。

【写真】異例の支援を受けて留学する小室さん

*  *  *
「今日も街で知らない人に『頑張ってください』と声をかけられたよ。周囲の反対に負けないで結婚しようね」

「うん、そうね」

 小室圭さんがやさしい言葉をかけると、眞子さまは素直に応じる。宮内庁関係者によると、2人は頻繁に連絡を取り合い、気持ちを確認しているという。

 2人が婚約の準備を進めていることを宮内庁が明らかにしたのは昨年5月。天皇陛下の孫4人のなかで初めての慶事とあって、大きな注目を集めた。婚約内定を発表した9月の記者会見で、小室さんは「天皇陛下よりお許しを頂きましたこと大変ありがたく存じます」。眞子さまは「温かく居心地がよく笑顔あふれる家庭をつくることができればうれしく思います」と語り、笑顔を見せた。

 納采の儀が今年3月4日、そして11月4日に挙式という日程も発表された。

 だが昨年末、そんな祝福ムードが一転する。小室さんの母の佳代さんの“金銭トラブル”が発覚したのだ。佳代さんは、元婚約者に「ヘルプしてください」と訴えて、400万円を超えるお金を受け取り、小室さんの大学の入学金や授業料、留学費用に充てていたのだ。小室さん自身が元婚約者に「贈与だと認識している」と告げ、一方で元婚約者は本誌の取材に対し、「返してほしい」と訴えた。

 そして納采(のうさい)の儀を目前に控えた2月、眞子さまと小室さんは、納采の儀を2020年に延期するとのメッセージを出した。さらにこの8月から小室さんが、米国で弁護士資格を取得するために留学することが明らかに。長ければ3年間の予定というから「結婚はどうなるのか」と多くの国民が気をもんでいることだろう。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい