日産は他人事じゃない! 「ADのクーデター」を鈴木おさむが思い出す (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日産は他人事じゃない! 「ADのクーデター」を鈴木おさむが思い出す

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木おさむ週刊朝日#鈴木おさむ
鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

「クーデター」を否定した日産の西川社長だが…

「クーデター」を否定した日産の西川社長だが…

 結果、チーフADは他の部署に異動した。そして、ディレクターAさんのことを放っておくわけにもいかなくなり、Aさんは番組を外れた。

 そして、Aさんが外れたことで空気は良くなった。Aさんがいなくなったら番組は成立しない……わけではなかった。正直、かなり大変だったのは事実。だけど、みんなが逆に力を合わせて頑張り、番組はさらに進化していった。

 あのとき、Aさんを追い出していなかったら、番組はもっと早くに終わっていただろうし、なにより、もっとたくさんの人が傷ついて、番組とこの業界を嫌いになって去っていっただろう。チーフADの勇気、すごかったなと思う。

 日産のニュースを見て、他人事だと思ってる人は少ないだろう。どんな会社にだって、あそこまで大きくないにしても、似たようなことはある。

 今回ついた大きな傷が、会社としてさらに強く大きくなる通過点だったと思える日がきっと来ると信じたい。

※週刊朝日 2018年12月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい