篠原涼子「仕事も家族も犠牲にしない」人生観、明かす (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

篠原涼子「仕事も家族も犠牲にしない」人生観、明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地陽子週刊朝日
篠原涼子(しのはら・りょうこ)/1973年生まれ。90年デビュー。94年「恋しさと せつなさと 心強さと」が大ヒット。主な出演映画に、「アンフェア」シリーズ、「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(2018年)など。「今日も嫌がらせ弁当」が来年公開。(撮影/門間新弥、ヘアメイク/岡野瑞恵、スタイリスト/宮澤敬子(WHITNEY))

篠原涼子(しのはら・りょうこ)/1973年生まれ。90年デビュー。94年「恋しさと せつなさと 心強さと」が大ヒット。主な出演映画に、「アンフェア」シリーズ、「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(2018年)など。「今日も嫌がらせ弁当」が来年公開。(撮影/門間新弥、ヘアメイク/岡野瑞恵、スタイリスト/宮澤敬子(WHITNEY))

 素の篠原さんは、とにかく明るい。インタビューのときも笑顔を絶やさず、ときにジョークも交えながら、頻繁に感謝の言葉を口にする。「これまで、人生に難題が降りかかったときは、どう乗り越えてきましたか?」という質問にも、「私が乗り越えてきた苦難なんてたかが知れています(笑)。むしろ、何か壁が立ちはだかったときは、“ラッキー! これも、将来の糧にしよう”って思うほうかもしれないです」と答え、最後に、「ごめんなさい」と付け加えた。おそらく、「期待に沿えるような苦労エピソードがなくてごめんなさい」という意味なのだろう。そんなちょっとした気遣いまでキュートだ。一方で、「昔から、将来結婚して子供ができても、絶対に家族のために仕事は犠牲にしないぞって思っていました」と、ザ・プロフェッショナルな発言をする。

「自分がやりたいのに、“家族のせいでやれない”と言い訳するのは嫌でした。逆に、家族に対して、“仕事があるから無理だよ”とも言いたくない。自分がやると決めたことは、仕事でご一緒する人にしても、家族にしても、絶対に迷惑をかけないぞ!という覚悟でやってます(笑)。もちろん、仕事をしていく上で、家族の協力は不可欠なんですけどね」

 年齢を重ねることで、「いろんな作品と出会い、お芝居がより好きになって、いろんな人と出会い、人間がより好きになった」と話す。

 その豊かな人間力は、様々な作品を通して、観る側にとっての希望になる。彼女は今、そんな場所にいる。(取材・文/菊地陽子)

週刊朝日  2018年11月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい