優勝争いに絡まなかったのに…大谷の新人王に東尾修「時代の変化」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

優勝争いに絡まなかったのに…大谷の新人王に東尾修「時代の変化」

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

走攻守を数値化した際、すべてにおいてライバルに差をつけた大谷 (c)朝日新聞社

走攻守を数値化した際、すべてにおいてライバルに差をつけた大谷 (c)朝日新聞社

 ソフトバンクの柳田悠岐だけでなく、全選手が強く振る基本線ができていた。投球に対して合わせるような打撃だと、強い打球は飛ばないし、外野の頭も越えない。外野が前に出てくれば、安打ゾーンは狭まる。強く振る中で日本の特長であるミート力や粘りを出せれば、相手投手へのプレッシャーにもつながる。

 私が現役時代のメジャーの選手は、観光気分で来日しても、圧倒的な力を示してきた。今回は一部の選手には規格外のスイングや強さを感じるが、スケールの大きさを痛感させられるような差はない。そう思わせるだけの日本選手の頑張りとも言えるが、少し残念に思ってしまう。

 日米野球は4年ぶりか。近年はWBCやプレミア12など国際大会も多く、世界野球の距離は縮まっているのは間違いない。ただ、本当のトップメジャーリーガーが参戦する大会はWBCしかない。年俸が高騰すればするほど、故障に対する補償の問題は大きくのしかかる。ただ、真のスター選手が来てくれないと、日本とメジャーの距離感を認識することはできない。

週刊朝日  2018年11月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい