お尻の割れ目に何かが! 一之輔が焦りまくった1時間 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

お尻の割れ目に何かが! 一之輔が焦りまくった1時間

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

(イラスト・もりいくすお)

(イラスト・もりいくすお)

 ……あ、また話しかけてきた。ということはまだ嗅いでない?被害を拡大させないためには、現時点で俺はどうしたらいい?ツーッという流れた跡スジは[尻見当]で恐らく2センチ強か。まずは今までどおり括約筋を締め続け、尻の穴を塞ぐべく尻の肉をキュッと内側へ力を込める。ええい、臭いもろとも施術終了まで封じ込めてしまえ。

「力抜いてくださいねー」
「楽にしてくださいねー」

 ガチガチに固まりながら、寝ているふりの私。おなかもユルやかなら、時間がたつのもユルやか。力を入れすぎたのか、しだいに意識が遠のいていく。すやすや。寝てしまう私。軽い夢をみる。「お尻などもうどうでもいいじゃない」と夢のなかで整体師が言う。尻の力が抜けたとたんに目が覚める。あ、またすかしっ屁が出た……。

 尻はさっきより数倍グッショリと濡れている。もはやこれまでか? でもこれはいくらなんでも汗だろう。でもまた力を入れる。施術は終わらない。また寝てしまう。また起きる。もはや全身汗だく。整体の時間が無間地獄に陥ったかのような1時間。結局、この日のソレは汗だった。あーあ。俺はもうすぐ四十一なのに、何をしているのか。

 孔子様なら一体私になんておっしゃるだろう? 「大人なんだから、気づいた時点でまずトイレ行ったらいいじゃん」かな。「おなか、大切に」か。

週刊朝日  2018年11月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が絶賛発売中!

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい