三浦瑠麗 自分が「上から目線」と批判される原因を語る (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

三浦瑠麗 自分が「上から目線」と批判される原因を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
三浦瑠麗さん(左)と林真理子さん。(撮影/大野洋介・写真部)

三浦瑠麗さん(左)と林真理子さん。(撮影/大野洋介・写真部)

 柔らかい声で政治を論じる姿に、オジサマを始めファンの多い美貌の国際政治学者、三浦瑠麗さん。一方、発言が「上から目線」と反発を買うことも多いといいます。一体なぜなのか作家の林真理子さんが迫ります。

*  *  *
林:三浦さん、テレビで拝見していても、いつもお洋服が素敵ですけど、ご自分で選んでるんですか。

三浦:全部、私の私服です。

林:ちょっと抜いた感じのワンピースとかもお召しになって素敵だなと思います。今までいないタイプですよね。

三浦:ありがとうございます。

林:「発言する女の人」って、「ブスのくせに」とか「大した大学も出てないくせに」とか「結婚してないくせに」とか「子どももいないくせに」とか、五つぐらいいろいろ言われますが、三浦さんの場合はそれの全部をクリアしていて、突っ込みようがない感じがありますよね。

三浦:いやいや、欠点だらけの人間で、すごく反感買います。

林:あまりにも完璧すぎて?

三浦:たぶん空気を読めてないから、反発を食らうんだと思います。

林:「上から目線」と言われることがありますが、昔からそういうお話の仕方なんでしょう? 私は「上から目線」だとは思いませんけど。

三浦:日本語で語尾をしっかり発音すると、上から目線に聞こえるんですよ。だいたい女性って、語尾を濁してモゴモゴッてなるものなんです。英語でもそうなんですけど、はっきり発音すると、それだけで居丈高に聞こえるんですね。昨日もある大使館でブリーフィングをしてたんですが、日本人女性ってはっきり言いませんから、予想と違って、皆さんびっくりされていました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい