11月10日はトイレの日! 日本が誇る面白い“観光トイレ”7選 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

11月10日はトイレの日! 日本が誇る面白い“観光トイレ”7選

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木裕也週刊朝日
小湊鉄道飯給駅に隣接するアートなトイレは世界的建築家の藤本壮介氏の作品「Toilet in Nature」で、約200平方メートルの囲いの中にあり「世界一広いトイレ」として有名。無料で使えるが女性専用。(千葉県市原市飯給943-3)/撮影・岸本絢

小湊鉄道飯給駅に隣接するアートなトイレは世界的建築家の藤本壮介氏の作品「Toilet in Nature」で、約200平方メートルの囲いの中にあり「世界一広いトイレ」として有名。無料で使えるが女性専用。(千葉県市原市飯給943-3)/撮影・岸本絢

■日本庭園
越前海岸沿いにあるレストラン「花のゆめ」のトイレ。全6種類の庭園トイレは外国人観光客に好評だ。福井県越前町梨子ケ平2-1

■水族館
レストラン「ヒポポパパ」の女子トイレは海中にある。ガラスの向こうは本物の海で、魚たちが泳いでいる。兵庫県明石市松江60

■お化け屋敷
神奈川県・川崎駅近くの大規模ゲームセンター「電脳九龍城砦」2階の男子トイレ。古く汚れているように見えるのも演出で、実際は清潔。使用中に電話の音が鳴り響く仕掛けも怖い。川崎市川崎区日進町3-7

■ジャンプ台
斑尾高原スキー場内のレストハウス「ハイジ」にあるトイレ。個室のドアを閉めて腰かけると……。長野県飯山市斑尾高原

■金ぴか
新宿・歌舞伎町の「ロボットレストラン」は音楽に合わせてロボットやビキニ美女が踊るギラギラのショーが人気。客が一様に驚くのが、地下2階にあるショー以上にギラギラした金ぴかの男子トイレだ。東京都新宿区歌舞伎町1-7-1

■展望
JR札幌駅直結の「JRタワー」展望室の男子トイレは、地上160m、視界360°で開放感抜群。札幌市中央区北5条西2-5

(文/本誌・鈴木裕也)

週刊朝日  2018年11月16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい