夢は不動産経営? 俳優・加藤諒が明かすイマドキな金銭感覚 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夢は不動産経営? 俳優・加藤諒が明かすイマドキな金銭感覚

このエントリーをはてなブックマークに追加

加藤 諒(かとう・りょう)/俳優。1990年、静岡県生まれ。多摩美術大学映像演劇学科卒。「あっぱれさんま大先生」で芸能界デビュー。NHK大河ドラマ「真田丸」、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、映画「デトロイト・メタル・シティ」「火花」など多数の話題作に出演。特技はヒップホップダンス。主演をつとめる新作映画「ギャングース」(入江悠監督)は11月23日公開(撮影/片山菜緒子・写真部)

加藤 諒(かとう・りょう)/俳優。1990年、静岡県生まれ。多摩美術大学映像演劇学科卒。「あっぱれさんま大先生」で芸能界デビュー。NHK大河ドラマ「真田丸」、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、映画「デトロイト・メタル・シティ」「火花」など多数の話題作に出演。特技はヒップホップダンス。主演をつとめる新作映画「ギャングース」(入江悠監督)は11月23日公開(撮影/片山菜緒子・写真部)

加藤:嬉しいです。ありがとうございます。

林:そしたらブレークに次ぐブレークで、バラエティーのほかに映画にも、「真田丸」(2016年NHK大河ドラマ)にも出ちゃうし。

加藤:ああ、出ちゃいましたね。バラエティーの印象がずっと強かったんですけど、徐々に役者のほうでも潤ってまいりました(笑)。

林:もともとは舞台をやってらした俳優さんなんですよね。

加藤:そうなんですよ。子役からやってるんですけど、子役時代もバラエティーが多くて、中学あたりから徐々に役者をやっていきました。でも、知名度とかそんなになかったので、大学ぐらいまではお仕事あんまりできていなかったんです。

林:大学は多摩美(多摩美術大学)ですよね。

加藤:はい。そこで野田秀樹さんと出会って、野田さんの舞台にも出させていただいたので、多摩美に行けてほんとによかったです。

林:キレキレのダンスはできるし、演技は野田さんのところでやってたし、何でもござれじゃないですか。

加藤:いやいや、まだいたらぬところがいっぱいあるので、大人になるにつれてもっと磨いていって、誰にも負けないように頑張らないとな、と思います。

林:大学はちゃんと卒業なさったんですか。

加藤:(胸を張って)はい! ちゃんとしました。

林:大学では舞台芸術を勉強したんですよね。

加藤:はい、そうです。おもに舞台のほうを勉強しました。

林:そこまで基礎を勉強したのに、ブレークしたのがバラエティーっていうのは、ちょっと不本意なところがありました?

加藤:いや、ぜんぜん不本意じゃなかったです。お仕事がないときのほうがしんどかったですね。知名度が大事だと思ったので、これでコンスタントにお仕事ができるようになるんじゃないかなと思いました。やっとスタートラインに立てたような気持ちでした。

林:バラエティーでの加藤さんしか知らない人は、今回の映画(「ギャングース」11月23日公開)のシリアスな加藤さんを見て、びっくりしちゃうかもね。

加藤:アハハハ。そうかもしれません。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい