高校生大型遊撃手“ドラ1”指名の意味 東尾修が解説 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高校生大型遊撃手“ドラ1”指名の意味 東尾修が解説

連載「ときどきビーンボール」

東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

オリックスから1位指名された天理の太田(右) (c)朝日新聞社

オリックスから1位指名された天理の太田(右) (c)朝日新聞社

 私が監督の時は、松井稼頭央という逸材に出会い、長くチームの中心として活躍してくれた。広い守備範囲に肩の強さが求められる。そこに打撃力がある選手となれば、希少価値はさらに増す。今、12球団の遊撃手を見ても、複数の選手を併用しながら起用する球団は少ないよね。それだけ野手の中では重要なポジションだ。侍ジャパンでは、長く巨人の坂本勇人が守るが、彼を追い抜く選手になってもらいたい。

 今は、シーズンオフという言葉が存在しないほど、プロの選手は練習し、スキルアップを図っている。指名された選手も気を抜いている暇はない。ただ、このコラムで何回も指摘しているとおり、高卒の選手はまだ体ができあがっていない。焦ってウェートトレーニングで一気に体を大きくしようとは思わないことだ。2年、3年かけてプロで戦える体を作っていくことだ。何より、メンタルをしっかり強化すること。決めたプランは何があっても毎日こなすだけの強い意思を持って、プロでの日々を送ってほしい。才能の塊が集まるプロの世界。少しでも手を抜けば、一気に追い抜かれていく。

 ドラフトが終わって、いよいよ日本シリーズへ。リーグ3連覇の広島と、2年連続の日本一を目指すソフトバンクとの頂上決戦。私は4勝3敗でソフトバンクが有利と見るが、両軍に差はない。こちらも心躍らせて行方を見守っている。

週刊朝日  2018年11月9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい