「私のがん、治りますか?」 末期がんの患者のその言葉に、現役医師の“答え”は? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「私のがん、治りますか?」 末期がんの患者のその言葉に、現役医師の“答え”は?

連載「現役皮膚科医がつづる「患者さんと一緒に考えたいこと、伝えたいこと」」

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚篤司週刊朝日#ライフ

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医。がん薬物治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、作家として医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

大塚篤司(おおつか・あつし)/1976年生まれ。千葉県出身。医師・医学博士。2003年信州大学医学部卒業。2012年チューリッヒ大学病院客員研究員を経て2017年より京都大学医学部特定准教授。皮膚科専門医。がん薬物治療認定医。がん・アレルギーのわかりやすい解説をモットーとし、作家として医師・患者間の橋渡し活動を行っている。Twitterは@otsukaman

患者さんには、その人の価値観があり、死生観がある(※写真はイメージです)

患者さんには、その人の価値観があり、死生観がある(※写真はイメージです)

 末期がんと診断された患者さんが医師に投げかける質問。「先生、治りますか?」その問いに、正解はあるのでしょうか? 京都大学医学部特定准教授で皮膚科医の大塚篤司医師が、自身の経験をもとに語ります。

*  *  *
 私は大学病院でメラノーマ(皮膚がんの一種)を専門としています。ほくろのがんと呼ばれるメラノーマは、進行すると治療が難しく、残念ながらお亡くなりになる患者さんも多くいらっしゃいます。メラノーマは早期発見、早期手術で完治しうるがんなのですが、さまざまな理由で発見が遅れ、手術ではなく抗がん剤や放射線治療、そしてノーベル賞で注目のがん免疫療法を行う患者さんも多い病気です。私も多くの医師や研究者と同じく「がんを治したい」という目標があって、日々、診療と研究に取り組んでいます。

 医学部の学生時代、私は決して真面目な学生ではなく、授業は積極的に出ていませんでした。それでも、記憶に残る授業、そして言葉があります。それは特別講義という名のもと、他大学から有名な教授をお招きして開催されたものでした。

「君たちさ、末期のがん患者さんに『先生、私のがん治りますか?』って聞かれたらなんて答える?」

 優しい笑顔でその威厳を隠しながら、特別講義に招かれた教授は教室内を歩き回り、私たち学生にマイクを向けます。

「治りません、と答えます」

 クラスのムードメーカーが冗談っぽく答え、教授も若干困った顔をします。不謹慎な答えに僕ら学生は内心ヒヤヒヤしながらも教室は少し和みます。続いてあてられた学生は答えます。

「治ります」

 すかさず教授は、

「君は患者さんに嘘をつくんだね?」

 教室はまた静まり返ります。

 正解なんてあるんだろうか……そういう空気に包まれた後、教授は静かに語り始めます。

「まず、患者さんに嘘をついてはいけない。隠し事や嘘は信頼関係を壊し、その後の治療に影響します。でも、治りません、とは言えない。だから私は、嘘のない言葉で自分の気持ちを伝えます。私は『治るといいな、と思っています』と答えます」

 それから医者になって数年、私の正解は「治るといいと思ってます」でした。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい