子どもが芸術に触れると何がいい? 子育てママの疑問 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

子どもが芸術に触れると何がいい? 子育てママの疑問

連載「前川喜平の”針路”相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加
前川喜平週刊朝日#前川喜平

 文部科学省で事務次官を務めた前川喜平氏が、読者からの質問に答える連載「“針路”相談室」。今回は子どもの習い事に関する40代女性からの悩みに答えます。

*  *  *
Q:子どもたちに書道や楽器などを習わせています。良い先生に恵まれ、子どもも頑張っており、それなりに成果を上げています。

 でも、私も子どもも、今の習い事が将来の職につながるとは思っていません。芸術を職にするのは狭き門です。だとすると、何のための習い事なのか……。楽器は毎日練習しなければならないし、時間を守って家を出ないといけないし、嫌がる子どもの尻をたたいてやらせる時もあり、時折胸が痛みます。もしかしたら親の自己満足なのではないかと思う時もあります。

 子ども時代に芸術に触れることに、どんな意味があるのでしょうか。効用がわかれば、私も、子どもの習い事との距離感をつかめるような気がします。(神奈川県・45歳・女性・国家公務員)

A:これからのAI時代を考えると、僕は、芸術こそが人間が学ぶべき中心的分野なのではないかと思います。なぜなら音楽や絵画、演劇やダンスなど、五感を通じて感動をもたらす表現活動は人間にしかできないから。

 今後、AIによって芸術らしきものをつくり出すことはできるようになるかもしれませんが、深く「感性」に訴える芸術は人間にしかつくれない。そう考えると、学校教育にもっと、芸術科目の時間があっても良いと思います。

 芸術は生きる力を呼び起こすものです。だから親は、子どもが芸術に触れる機会をたくさんつくってあげるといいと思います。習い事だって、一見、時間やエネルギーをムダにしているように思えても、長い人生で考えれば得るものは多いはずです。

 僕もピアノを小学1年から5年くらいまで習っていました。結局ものにならず、自分から親に「やめさせてほしい」と言ってやめたんですが、ムダではなかったと思う。まあ、仕事の上ではそう役にも立ちませんでしたが(笑)。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい