津田大介「デマに利用されるメッセージアプリ」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「デマに利用されるメッセージアプリ」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
津田大介週刊朝日#津田大介
津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

ブラジル大統領選でネットを通じて有権者に支持を呼びかけるジャイル・ボルソナロ候補(中央) (c)朝日新聞社

ブラジル大統領選でネットを通じて有権者に支持を呼びかけるジャイル・ボルソナロ候補(中央) (c)朝日新聞社

 BBCの報道によれば、ワッツアップで多数のユーザーにメッセージを送りつけるソフトウェアがひそかに出回り、それが利用された可能性があるという。つまり、自然発生的に口コミでフェイクニュースが広まっているのではなく、何者かが意図的に広めている恐れがあるということだ。

 ボルソナロ候補を支援する複数の企業が、投票日直前にアダジ候補を攻撃するフェイクニュースをワッツアップ上でばらまくため専門業者と契約を交わしていたとの疑惑も、ブラジル最大手の新聞「フォーリャ・デ・サンパウロ」のスクープによって浮上している。

 今回の件で運営するフェイスブックへの批判が高まることは必至。今後どのような対策を同社が打ち出すのか注目したい。

※週刊朝日 2018年11月9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

津田大介

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『情報戦争を生き抜く』(朝日新書)

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい