雑用から話し相手まで シニアが使いこなしたい「代行サービス」 (2/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

雑用から話し相手まで シニアが使いこなしたい「代行サービス」

このエントリーをはてなブックマークに追加
吉崎洋夫週刊朝日#シニア
「ベアーズ」の掃除代行サービス(ベアーズ提供)

「ベアーズ」の掃除代行サービス(ベアーズ提供)

代行サービス一覧。編集部調べ。実際のサービス内容、価格は業者による(週刊朝日2018年10月26日号から)

代行サービス一覧。編集部調べ。実際のサービス内容、価格は業者による(週刊朝日2018年10月26日号から)

 ベアーズに限らず、代行業者は洗濯、布団干し、庭の掃除などの細かな要望にも対応してくれる。また、年末におススメなのが、大掃除の代行。換気扇や、エアコンなどの高いところの掃除は高齢者には転倒の危険が伴うからだ。

 もったいないと物が捨てられない人に試してほしいのが不用品の処分を手伝うサービス。ベアーズマーケティング本部の後藤晃本部長は「日本人は自分では捨てられない人も多いですが、人が来て手伝ってもらうと、どんどん処分できたりします」という。

 また2階や、物置の奥にある荷物を玄関先に持ってくるのはシニアにとっては重労働。近所の人や家族にも気軽には頼めない。そんなときにも代行業は便利だ。

 お手伝いのサービスなどを提供する「御用聞き」(東京都板橋区)に2階のテレビの移動を依頼してきたのは、近くに住む斉藤松子さん(74)だ。2階に置かれたブラウン管テレビはもう長い間、使っていない。捨てようと思ったが、かなりの重さで持っていけない。階段も急だ。

 御用聞きの松岡健太さんは、「持っていけそうですね」と、10分で1200円、出張料として千円(2人分)の見積もりを出した。

 重いテレビを一人で運び、作業は5分で終了。料金は1200円から600円に修正して請求した。斉藤さんは「これで粗大ごみに出せる。おかげさまで家の中もすっきりしました」。

 自宅だけでなく、墓も掃除してくれる。例えば、「さくらサービス」(川崎市)では、お墓参りと掃除をセットにした「お墓参り代行サービス」を提供。値段は時期によって変動するが、現在は墓1基につき、8千円(税込み)。合掌礼拝し、お供え物や枯れた花などの処分、墓石や外柵、装飾品などの拭き掃除、敷地内の草取り、お水やお花、お線香のお供え、といった内容だ。作業前後の写真を撮影して、郵送、またはメールで報告してもらえる。

「先祖を敬う人は多いが、高齢になると雑草を抜く作業でも大変です。息子、娘に頼みたいけど、仕事で忙しかったり、そもそもお墓参りに対する意識が希薄だったりするんですね」(同社の金山隆志代表)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい