金足農・吉田の「野球センスと即戦力は別物」 東尾修が忠告するワケ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

金足農・吉田の「野球センスと即戦力は別物」 東尾修が忠告するワケ

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

短絡的に結果を求めず、球界のエースになってほしい (c)朝日新聞社

短絡的に結果を求めず、球界のエースになってほしい (c)朝日新聞社

 そこから先は結果がすべて。オープン戦終盤になって結果を出したから先発ローテーションに入れたが、そうでなければ2軍スタートだったかもしれない。

 長々と書いたが、要は実際に手元に置いて、長所と欠点を見抜いた上で方針を決定すべきだし、今から即戦力と位置づけるのは単なるリップサービスであってほしい、ということだ。ただでさえ、甲子園を沸かせたスター選手には注目が集まる。しかし、我々が育てるべきは「球界のエース」。吉田も短絡的に結果を求めて、小さくまとまる考えはやめてもらいたい。ファンの方々も、すぐに結果を求めないでもらいたいね。

 今は高校生でもウェートトレーニングを行う時代になったが、高校生はまだ成長過程で、骨格が固まるのは20歳くらいだ。だからこそ、早急に体を大きくすることは危険を伴う。5年先、10年先を見据えて目標を定めてもらいたい。

 大輔が若いときにも言ったが、野球選手として完成するのは20代後半から30歳前後でいい。預かる球団、現場の指導者の責任は本当に重い。

週刊朝日  2018年10月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい