大竹しのぶが明かす母の死 自身の最期は“ピアフみたい”にがいい?

2018/10/08 11:30

 ほんわかと少女のように可憐な笑顔の持ち主でありながら、ひとたび芝居に入れば圧倒的な演技力で見る者を魅了する大竹しのぶさん。最愛の母を亡くした数日後に行われた、作家・林真理子さんとの対談では、互いが迎えた母の死についても語り合いました。

あわせて読みたい

  • 「刺した瞬間に『許して』」大竹しのぶが語る女優の楽しみ

    「刺した瞬間に『許して』」大竹しのぶが語る女優の楽しみ

    週刊朝日

    10/8

    「この国は、歌の国」五木寛之と大竹しのぶが語る“令和の日本”

    「この国は、歌の国」五木寛之と大竹しのぶが語る“令和の日本”

    週刊朝日

    1/4

  • 五木寛之と大竹しのぶが語る“原動力”「他力は自力の母」

    五木寛之と大竹しのぶが語る“原動力”「他力は自力の母」

    週刊朝日

    1/4

    半沢“紀本常務”段田安則の次なる挑戦とは? 名作舞台で演出も

    半沢“紀本常務”段田安則の次なる挑戦とは? 名作舞台で演出も

    週刊朝日

    10/15

  • 樹木希林が死の直前に「死なないで。どうか生きて」と言った意味 内田也哉子が母から引き継いだもの

    樹木希林が死の直前に「死なないで。どうか生きて」と言った意味 内田也哉子が母から引き継いだもの

    週刊朝日

    9/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す