長谷川町子を超えた?!サザエさんコンテスト大賞作品のシュールなオチとは (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

長谷川町子を超えた?!サザエさんコンテスト大賞作品のシュールなオチとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
鎌田倫子週刊朝日
サザエさんコンテストの入選作品の展示。朝日新聞東京本社2階コンコースギャラリーで10月11日まで(撮影・鎌田倫子)

サザエさんコンテストの入選作品の展示。朝日新聞東京本社2階コンコースギャラリーで10月11日まで(撮影・鎌田倫子)

投稿作品が掲載された週刊朝日増刊『サザエさんと長谷川町子2018秋』(朝日新聞出版)

投稿作品が掲載された週刊朝日増刊『サザエさんと長谷川町子2018秋』(朝日新聞出版)

「シンプルかつミステリアスな世界観はほかにはないオリジナリティーを感じさせてくれました」(橋本さん)

 見た人の想像力をかきたてる終わり方も、静けさを表す絵の構図も「うまい!」「そうきたか!」という声が上がった。ほかの入選作品も、長谷川町子のもうひとつの名作「いじわるばあさん」とコラボレーションしたものや、漫画のサザエさんを読んでいる人の目だったというオチなどクスリと笑えるものばかり。

 入選作品は、10月11日まで(10月8日を除く)朝日新聞東京本社2階コンコースギャラリーで展示しているほか、『サザエさんと長谷川町子2018秋』(朝日新聞出版)にも掲載されいる。 

 芸術の秋。昭和の4コマ漫画の最高傑作に刺激を受けた作品に触れてみてはどうだろうか。(本誌・鎌田倫子)

※週刊朝日オリジナル


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい