子どもが風呂で“背中にお絵かき”人を見て…大センセイの冷や汗話 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

子どもが風呂で“背中にお絵かき”人を見て…大センセイの冷や汗話

連載「大センセイの大魂嘆!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田清機週刊朝日#山田清機
(イラスト/阿部結)

(イラスト/阿部結)

「パパ、ほら。こーれー、こーれー」

 節までつけながら、無邪気な笑顔をこちらに向けてくる。

 マズイ!

 大センセイ、緊急出動して暴れる昭和君を横抱きにすると、おふたりの背後から命からがら離脱させたのであった。

 ところが、こんな体験を知人に話すと、知人氏は一層戦慄的な体験をしたことがあるというのである。

 ある日のこと、知人氏は幼い息子さんを連れて銭湯へ出かけていった。すると浴室の中に、そのスジの方がひとりおられた。背中にはやはりお絵かきがしてあった。見事な龍である。

 知人氏、息子さんが龍の方をチラチラ見ているのに気づいていたが、「見るな」とも言えず、ただハラハラするばかりであったという。

 唯一、われわれのケースと異なっていたのは、知人氏の息子さんがお風呂場で遊ぶための水鉄砲を持っていたということであった。

 事件は、そのスジの方が浴室から出ようと洗い場を離れた瞬間に起こった。何を思ったか息子さん、パッと水鉄砲をつかんで立ち上がると、

「待て、待てー」

 とひと声叫んで、背中の龍にピタリと銃口を向けた。

 マズイ!

 知人氏は、浴室の床にダイビングしながら小さなスナイパーに抱きつくと、間一髪で発射を阻止したという。万一失敗していたら、その後の父子の運命はどうなっていたかわからない。

 たしかなのは、この間、全員がフルチンであったということだけである。

週刊朝日  2018年10月5日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

山田清機

山田清機(やまだ・せいき)/ノンフィクション作家。1963年生まれ。早稲田大学卒業。鉄鋼メーカー、出版社勤務を経て独立。著書に『東京タクシードライバー』(第13回新潮ドキュメント賞候補)、『東京湾岸畸人伝』。SNSでは「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれている

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい