築地市場のネズミ1653匹駆除 豊洲移転で場外や隅田川堤防へ大移動? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

築地市場のネズミ1653匹駆除 豊洲移転で場外や隅田川堤防へ大移動?

このエントリーをはてなブックマークに追加
緒方麦週刊朝日
泳ぎや穴掘りが得意なドブネズミ。魚は大好物だ。

泳ぎや穴掘りが得意なドブネズミ。魚は大好物だ。

綱渡りが得意なクマネズミ。警戒心が強い。

綱渡りが得意なクマネズミ。警戒心が強い。

10月6日に営業終了となる築地市場。えさ場や隠れ家を求めるネズミたちの行く末や、いかに。 (c)朝日新聞社

10月6日に営業終了となる築地市場。えさ場や隠れ家を求めるネズミたちの行く末や、いかに。 (c)朝日新聞社

 駆除業者らでつくる「ねずみ駆除協議会」の矢部辰男会長は、「殺鼠剤などの効果が出ているかもしれない」とこれまでの駆除の成果を認めつつ、こう指摘する。

「トラックの出入り口は大きく空いているし、防鼠ネットはネズミが足を引っかけて乗り越えてしまう。隅田川の堤防沿いに移動する可能性もあります。クマネズミは電線を渡って移動するかもしれません」(矢部会長)

 ネズミを一匹残らず駆除するのは難しい。生き残ったものは、場外に逃げる可能性が高い。築地市場の周囲には場外市場などの小売店や飲食店などもある。

「食材や生ゴミは、ふた付きの容器や戸棚にしまう。ネズミが近づけないようにきちんと対策をしないといけません」(同)

 築地市場の最後のセリは10月6日で、11日には豊洲市場が開く。都は10月11~17日も大規模な駆除をして、11月中旬まで続ける予定。

 行政の威信をかけて取り組むネズミ退治。どこまで流出を防げるか”チュー目”だ。(本誌・緒方麦)

※週刊朝日オンライン限定


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい