“セッション感”を楽しむ吉田羊「私らしいお芝居など必要ない」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“セッション感”を楽しむ吉田羊「私らしいお芝居など必要ない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地陽子週刊朝日
吉田羊(よしだ・よう)/福岡県久留米市出身。1997年に舞台デビュー。ドラマデビューは2007年。14年のドラマ「HERO」で人気がブレーク。映画の公開待機作に「コーヒーが冷めないうちに」(9月21日)、「ハナレイ・ベイ」(10月19日)など。(撮影/小山幸佑(写真部)、ヘアメイク/石田絵里子(Air Notes.)、スタイリスト/青木千加子)

吉田羊(よしだ・よう)/福岡県久留米市出身。1997年に舞台デビュー。ドラマデビューは2007年。14年のドラマ「HERO」で人気がブレーク。映画の公開待機作に「コーヒーが冷めないうちに」(9月21日)、「ハナレイ・ベイ」(10月19日)など。(撮影/小山幸佑(写真部)、ヘアメイク/石田絵里子(Air Notes.)、スタイリスト/青木千加子)

「お芝居の経験があまり多くない俳優さんと現場でご一緒した時、もしその方が自信のない、不安そうな風情でいたら、なるべく自分から声をかけるようにしています。役のことを一番思っているのは演者なのだから、その人が無理してしまってはいいものは生まれない。私も若い頃、先輩に声をかけていただいてラクになった経験がありました。自分がやってもらって嬉しかったことは、人にやってあげたいと思うんです」

 そうやって、カメラが回っていない場所でも存在感を発揮しながら、「私らしいお芝居など必要ないと思っています」とキッパリ言い放つ。

「大事なのは、いかに吉田羊を消すか。私のことはどうでもよくて、役のキャラクターとして見てもらうことが何より重要。演じるからには、自分のことなんかより、役のことを、深く愛してあげたいと思うんです」

(取材・文/菊地陽子)

週刊朝日  2018年9月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい