“セッション感”を楽しむ吉田羊「私らしいお芝居など必要ない」

2018/09/23 11:30

 あらゆる対応が丁寧で誠実だった。事前に提出した質問項目には、手書きでメモが書き込まれている。でも、インタビュー中にそれを読むわけでもなく、質問一つひとつにその場できちんと向き合おうとする。話して誠実、撮られて優雅。それが吉田羊さんだ。短時間の取材だったけれど、ドラマや映画、舞台、バラエティーにも彼女が引っ張りだこな理由が、少しわかった気がした。

あわせて読みたい

  • 吉田羊「これが最後でも…」 コロナ禍で撮影再開、“ハマリ役”への覚悟

    吉田羊「これが最後でも…」 コロナ禍で撮影再開、“ハマリ役”への覚悟

    週刊朝日

    12/5

    吉田羊、滝藤賢一ら共演者は「ほどよくほっといてくれる」?

    吉田羊、滝藤賢一ら共演者は「ほどよくほっといてくれる」?

    AERA

    10/2

  • 吉田羊「ののしられたい」「蹴られたい」とよく言われる?

    吉田羊「ののしられたい」「蹴られたい」とよく言われる?

    週刊朝日

    10/22

    熱愛騒動も吹っ切れて…吉田羊のリアル「酒場放浪記」が見られる!?

    熱愛騒動も吹っ切れて…吉田羊のリアル「酒場放浪記」が見られる!?

    dot.

    10/5

  • 吉田羊が痛感 俳優の無力さとリモートドラマの強み

    吉田羊が痛感 俳優の無力さとリモートドラマの強み

    週刊朝日

    12/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す