ポール・マッカートニーの新作アルバムは“つまみ聴き”禁止!?

連載「知新音故」

ポール・マッカートニーの新作『エジプト・ステーション』(キャピトル/ユニバーサル UICC-10040)にはボーナス・トラック2曲も収録。2枚組LPは21日に発売
拡大写真

ポール・マッカートニーの新作『エジプ...

 ポール・マッカートニーのニュー・アルバム『エジプト・ステーション』が発売された。スタジオ・アルバムとしては5年ぶり。ウイングス名義の作品を除き、リンダ・マッカートニーとの共演盤を含めれば18作目のソロ作となる。

【ポール・マッカートニー『エジプト・ステーション』のジャケット写真はこちら】

 今回、ポールがプロデュースを委ねたのはグレッグ・カースティン。アデルやベックのヒット作を手がけてきた売れっ子だ。グレッグを起用したポールの意図を詮索する向きがあって当然だが、ポール自身は「唯一の心配は“ポールが時の人を選んでる”ってみんなに思われることかな」としつつ、「音楽的な才能があって、一緒に仕事するのが最高なんだ」と語っている。

 ポールとグレッグはアニメの音楽制作をきっかけに出会った。グレッグが手がけたフー・ファイターズのアルバム『コンクリート・アンド・ゴールド』に収められた「サンデー・レイン」にポールがドラムスでゲスト参加したこともあった。

 今回の録音では、大半の曲はラフなアイデアを協議しながらスタジオで仕上げていったという。10代の頃からザ・ビートルズのファンだったというグレッグは、最初はポールに指示するのがためらわれたようだが、次第に打ち解け、いろんなアイデアを提案し、ポールもそれに応えてきたという。

 アルバムのクレジットによれば、ポールはベース、生とエレキのギター、ピアノなど各種のキーボード、ドラムスを手がけている。ポールのツアー・バンドの面々やグレッグのほか、マッスル・ショールズ・ホーンらも参加しているが、基本的にはポール自身がほとんどの楽器を手がけたワン・マン・アルバムであり、ゲスト・ミュージシャンが彩りを添えたものだ。

 独特のフレイジングによるベース、ベタなところもあるドラムスのフィル、特徴のあるギター・ワークやピアノ演奏など、随所でポールならではの“手ぐせ”が聴かれることからもそれは明らかだ。

 アルバム・タイトルは、カヴァーを飾るポールが描いた絵の題名に由来する。この絵は、1999年に開かれた個展『ポール・マッカートニー・ペインティングス』で披露されたという。

続きを読む

次ページ>

ポールが“アルバム”に込めた思いとは?

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック