人は「死ぬのだから食べない」 “死に方”を話し合う施設が増加中

2018/09/11 07:00

  人生の最終段階は千差万別だ。がん末期のように、死を迎える日が短くて数日、長くても2~3カ月と予測ができる場合もあれば、慢性疾患の症状悪化を繰り返して見通しが立たない場合もある。脳血管疾患の後遺症や老衰は、数カ月から数年かけて死を迎える。

あわせて読みたい

  • 延命治療はどうする? 苦しまず、周囲も困らない上手な逝き方

    延命治療はどうする? 苦しまず、周囲も困らない上手な逝き方

    週刊朝日

    9/11

    「口から食べられない=寿命」変わる死生観で「自然死」急増の予兆

    「口から食べられない=寿命」変わる死生観で「自然死」急増の予兆

    週刊朝日

    3/5

  • 「延命は望まない」はずが…急に「延命してくれ」と頼む家族 専門職がすすめる「人生会議」とは?

    「延命は望まない」はずが…急に「延命してくれ」と頼む家族 専門職がすすめる「人生会議」とは?

    dot.

    11/30

    「逝き方」を自己プロデュース 最期を語らう「人生会議」で理想の終活

    「逝き方」を自己プロデュース 最期を語らう「人生会議」で理想の終活

    週刊朝日

    3/7

  • 現場で働くプロが見た在宅医療の現実 救急車呼んで後悔する家族、葬式で批判する親戚…

    現場で働くプロが見た在宅医療の現実 救急車呼んで後悔する家族、葬式で批判する親戚…

    AERA

    11/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す