東大卒ママが考える言葉がもつ力 「イヤイヤ期」と「ワンオペ育児」が嫌な理由

連載「偏差値29で東大に合格したなっちゃんの ただいま子育て猛勉強中!」

杉山奈津子週刊朝日#教育
イヤイヤ期は「親からみた」やっかいな時期。子どもにとっては自我が芽生えていろんなことに興味をもち始める楽しい時期だ
拡大写真

イヤイヤ期は「親からみた」やっかいな...

 うつ病を克服し、偏差値29から東大に合格。ベストセラー『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』の著者・杉山奈津子さんが、今や4歳児母。日々子育てに奮闘する中で見えてきた“なっちゃん流教育論”をお届けします。

*  *  *
 言葉は、世の中の流れによってどんどん移り変わっていきます。

 例えば、「食べられる」を「食べれる」と言う「ら抜き言葉」。ほかにも、漢字のニュアンスの問題として、障害者を障碍者に書き換えたり、子どもを「子供」と書かないようになったり。男女平等の問題で看護婦を看護師と言うようにしたり。古くからある言葉を変えることを批判する人もいますが、実は、この流れは現代だけに限りません。鎌倉時代、兼好法師は言葉に関して「昔はよかったが今はよくない」と自分の書物の中で嘆いています。平安時代の清少納言も、枕草子で「最近の若者は言葉が乱れている」と言っているし、古代エジプトのピラミッドにさえ「最近の若者は……」と書かれていた、という話があるくらいです。

 私も、言葉や言い回しに関しては「過敏すぎる。変えなくてもいいんじゃないか」と思うものもある一方、「これは変えるべき」と思うものがあります。かたくなに「全ての今ある言葉を乱すな」と批判せず、柔軟に対応していけばいいんじゃないかなと思っています。

■チベットでの2歳児は「自由なブラブラ期」

 かつて育児の関連で、北海道大学の川田学准教授が、「子どものイヤイヤ期を、ブラブラ期に言い換えてはどうか」という提案をしている記事を読みました。私は、これこそまさに変えてほしい言葉だと思いました。そして実際に「今はブラブラ期」と思うことで、かなり気分がラクになりました。

 日本や欧米では、2歳児は「魔の2歳児」「イヤイヤ期」「第一次反抗期」などと呼ばれ、非常に面倒で大変な時期とされています。うちの息子も、ご飯を食べさせようとしても「嫌だ」と口をあけず、「自分で」とスプーンを持って、こぼして服をビシャビシャにしたり周りにぼろぼろ落としたり、本当に手がかかりました。4歳になった今でも、以前よりは手先も器用になって手がかからなくなりましたが、ドアをあける、コップにストローをさすというような、大人にとってどうでもいいことでも「自分がやりたかった」と言いだし、泣きわめいて最初からやり直すこともあります。

続きを読む

次ページ>

「イヤイヤ」ではなく自我の芽生え

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック