元乃木坂の市來玲奈アナが「行列のできる法律相談所」MCに大抜擢されたワケ

太田サトル週刊朝日
市來玲奈(撮影・上田耕司)
拡大写真

市來玲奈(撮影・上田耕司)

 8月19日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ)の番組内で、新MCになることが発表された市來玲奈アナウンサー(22)。看板番組のひとつを4月入社の新人に任せるという大抜擢だ。人気アイドルグループ乃木坂46の一期生メンバーだったことでも知られている彼女だが、評判は上々だ。

【写真】インタビューに答える市來玲奈

「学業もがんばりながら乃木坂46の活動を続けた努力家でした。アイドル時代からコミュニケーション能力がすごく高く社交的な存在。日テレとしても、そんな彼女の評判や人柄にまず注目したのではないでしょうか。もともと目的意識が高いこともあり、人気アイドルグループに所属したことで浮かれるのではなく、将来を視野に入れながら活動してきたのかもしれません。テレビ東京の“おはガール”出身で、慶應大学に進学しフジテレビで活躍した平井理央アナウンサーに近いものも感じます」

 と、芸能評論家の三杉武氏は言う。「行列」MC就任も、不思議ではなさそうだ。

「『行列』のような高視聴率番組への抜擢は、単なる話題性だけでは難しい。アナウンサーとしての完成度が、すでにある程度あるからではないかと思います。人気アナの水卜ちゃんに続く若い人を育てる意味でも、期待度は大きいと思います」(三杉氏)

 本誌では昨年、大学4年生だった彼女にインタビューしていた。取材した記者は、「祖父母に可愛がられた、すごく性格のいい子でした」と印象を語る。

続きを読む

次ページ>

好きな女性アナウンサーは誰か聞いてみたところ…

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック