ボズ・スキャッグスが「ルーツ回帰」の3部作で伝えたかったことは? (3/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ボズ・スキャッグスが「ルーツ回帰」の3部作で伝えたかったことは?

連載「知新音故」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ週刊朝日#小倉エージ#知新音故
若いころにレイ・チャールズやジミー・リードの大ファンだったボズ・スキャッグス

若いころにレイ・チャールズやジミー・リードの大ファンだったボズ・スキャッグス

『アウト・オブ・ザ・ブルース』(コンコード/ユニバーサル UCCO―1196)はボーナス・トラックを含め、計11曲

『アウト・オブ・ザ・ブルース』(コンコード/ユニバーサル UCCO―1196)はボーナス・トラックを含め、計11曲

「リトル・ミス・ナイト・アンド・デイ」はボズとの共作。ドイル、チャーリーのギターに、ジム・コックスのピアノの共演をフィーチャーしたテキサス・スタイルのシャッフルだ。

 本作のハイライトはニール・ヤングのカヴァー「オン・ザ・ビーチ」だろう。オリジナルと異なるアレンジだが、ニールらしいメロディーを生かした解釈と表現にボズならではの個性を発揮している。
 ボズが語るには、息子が主催するコンサートに出演した際、息子の提案でこの曲を取り上げることになった。“伝統的なブルースの構成ではないが、ブルースのスピリットがある”として、本作への収録を決めたという。

 そんな経緯を含め、ボズがR&B/ソウル、ブルースという自分自身のルーツにこだわった3部作は、発見が多く、味わい深い。(音楽評論家・小倉エージ)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

小倉エージ

小倉エージ(おぐら・えーじ)/1946年、神戸市生まれ。音楽評論家。洋邦問わずポピュラーミュージックに詳しい。69年URCレコードに勤務。音楽雑誌「ニュー・ミュージック・マガジン(現・ミュージックマガジン)」の創刊にも携わった。文化庁の芸術祭、芸術選奨の審査員を担当

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい