ボズ・スキャッグスが「ルーツ回帰」の3部作で伝えたかったことは? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ボズ・スキャッグスが「ルーツ回帰」の3部作で伝えたかったことは?

連載「知新音故」

このエントリーをはてなブックマークに追加
小倉エージ週刊朝日#小倉エージ#知新音故
若いころにレイ・チャールズやジミー・リードの大ファンだったボズ・スキャッグス

若いころにレイ・チャールズやジミー・リードの大ファンだったボズ・スキャッグス

『アウト・オブ・ザ・ブルース』(コンコード/ユニバーサル UCCO―1196)はボーナス・トラックを含め、計11曲

『アウト・オブ・ザ・ブルース』(コンコード/ユニバーサル UCCO―1196)はボーナス・トラックを含め、計11曲

 ボズ・スキャッグスが、自身の音楽的ルーツであるブルース、R&B/ソウルを追究した『アウト・オブ・ザ・ブルース』が発表された。これで、2013年の『メンフィス』、15年の『ア・フール・トゥ・ケア』と合わせ、ルーツ回帰をテーマにした3部作が完成した。本作は前2作をしのぐ出来栄えとして注目を集めている。

【アルバム『アウト・オブ・ザ・ブルース』のジャケットはこちら】

 ボズは米オハイオ州生まれの74歳。1976年に全米2位となったアルバム『シルク・ディグリーズ』が有名だ。同作からは4曲のヒット・シングルが生まれ、「ロウダウン」はグラミー賞の最優秀R&Bソング賞に選ばれた。AOR(アダルト・オリテンテッド・ロック)、アダルト・コンテンポラリー・ロックの先駆けとして、ブームを牽引してきた。

 ただ、『シルク・ディグリーズ』を出すまでは、サンフランシスコのローカル・ヒーローに過ぎなかった。

 音楽のキャリアを振り返ると、オハイオからオクラホマを経てテキサスに移り住んだ際、ハイ・スクールでスティーヴ・ミラーに出会う。大学時代に共に活動した後、スティーヴ・ミラー・バンドに参加。その一員としてデビュー後、ソロ活動を開始している。

 当時、ボズが取り組んでいたのはブルースやR&B/ソウル・ミュージックだった。60年代末に出した『ボズ・スキャッグス』は、デュアン・オールマンのサポートもあって、一部のファンには好意的に受け止められたが、大衆から名盤として認められたのは後年になってからだ。

 近年になってボズへの評価を新たにしたのは、ブルースやR&B/ソウル・ミュージックといった自身のルーツへの回帰をテーマにした3部作への取り組みだった。

 とくに最初のアルバム『メンフィス』は白眉だった。メンフィスで録音。オリジナルに加え、アル・グリーンやスティーリー・ダンの曲をカヴァーし、ソウル・ミュージックの継承者への敬意を表した。

 続く『ア・フール・トゥ・ケア』は、ナッシュヴィルでの録音で、スライド・ギターの名手ボニー・レイットとの共演も話題となったが、かつてボズが魅せられたニューオーリンズのR&Bへの愛着を明らかにする作品だった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい