【追悼】翁長氏、安倍政権と闘い殉職 後継者は誰に? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【追悼】翁長氏、安倍政権と闘い殉職 後継者は誰に?

このエントリーをはてなブックマークに追加
亀井洋志週刊朝日
翁長雄志知事 (c)朝日新聞社

翁長雄志知事 (c)朝日新聞社

6月23日、沖縄慰霊の日ですれ違う生前の翁長知事と安倍首相。7月27日には埋め立て承認撤回を表明したばかりだった (c)朝日新聞社

6月23日、沖縄慰霊の日ですれ違う生前の翁長知事と安倍首相。7月27日には埋め立て承認撤回を表明したばかりだった (c)朝日新聞社

 後継候補に浮上しているのが、職務代理を務める副知事の謝花(じゃばな)喜一郎氏、翁長氏の後を受けて那覇市長に就任した城間幹子氏だ。

「謝花さんは政治家の経験はありませんが、翁長さんを支えてきた手腕は信頼されています。城間さんは翁長市政のときの教育長でもあり、翁長さんと縁がある人ということで、『オール沖縄』の枠組みの中で闘いやすいと言えます。しかし昨年7月の那覇市議選で与党が過半数に届かず、選挙に強いとは言えません」(オール沖縄関係者)

 志半ばで「殉職」した故人に報いることができるか。(本誌・亀井洋志)

週刊朝日 2018年8月31日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい