9回出撃して9回生還 隠された特攻隊の真実 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

9回出撃して9回生還 隠された特攻隊の真実

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝山実週刊朝日
レイテ湾への出撃を前にした万朶(ばんだ)隊=1944年11月5日 (c)朝日新聞社

レイテ湾への出撃を前にした万朶(ばんだ)隊=1944年11月5日 (c)朝日新聞社

日本機の特攻を受けて炎上するアメリカ海軍空母バンカー・ヒル=印刷物の複写。1945年5月11日、特攻機2機の突入によって大きな損害をこうむった (c)朝日新聞社

日本機の特攻を受けて炎上するアメリカ海軍空母バンカー・ヒル=印刷物の複写。1945年5月11日、特攻機2機の突入によって大きな損害をこうむった (c)朝日新聞社

 海軍に遅れはするが同年11月12日には、陸軍初の特攻隊が出撃している。

 陸海軍ともに初期の特攻隊には、戦果を重視しベテランパイロットを投入。とくに海軍初の特攻では関行男大尉の体当たり攻撃により、米軍「護衛空母」を撃沈させたことの戦意発揚効果は大きかった。

 しかし、特攻は機とともに飛行士の命を失うもので、回数を重ねるにつれ飛行時間が少なく「離着陸がやっと」の少年飛行兵や予備学生らの若い操縦士が充てられ、ガソリンの欠乏から操縦訓練さえ満足にできないまま出撃していったという。

 若い操縦士が選ばれたのは、ベテランを「本土決戦」に残そうとした狙いもあったとされるが、選出する側が身内であるエリート士官に配慮した面が大きいとされる。古参兵のなかには「俺を選んだら許さんぞ」とすごむ者もいたといわれる。

 特攻機が不足するに及んでは、誰が見ても不向きと思われる爆撃機や練習機までも投入。整備兵をして「こんな子供たちをこんなぼろ飛行機で」と悔しがらせたほどだった。

 無謀な作戦の背景には戦況の悪化はあるものの、作戦立案において「体当たりは、爆弾を落とすよりも簡単だろう」といった空戦の経験のない参謀たちが中枢を占めたことがあげられる。

 その効果に関しても当時、現場のパイロットから疑問が投げかけられていた。命中しても甲板を炎上させるだけで、大破撃沈には至らない。急降下爆撃による爆弾投下が有効と意見を呈するベテランパイロットたちに対して、しかし「命が惜しいのか」と一考されることはなかった。

 栗原俊雄著『特攻──戦争と日本人』(中公新書)によると、8月15日の敗戦までの特攻隊員の戦死者は海軍2431人、陸軍1417人(戦死者数は諸説あり)。対して、撃沈した米軍艦船は合計47隻。しかし大半が小型駆逐艦や輸送船などで、標的とした正規空母、戦艦の撃沈はゼロだ。

 戦後こうした特攻は「志願」によるものか「命令」されたものか、議論を呼んできた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい