活動休止のBIGBANG 最年少のV.I「僕がみなさんを楽しませます」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

活動休止のBIGBANG 最年少のV.I「僕がみなさんを楽しませます」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
V.I(from BIGBANG)・ヴィアイ/1990年生まれ。韓国出身の5人組男性アーティストBIGBANG(ビッグバン)のメンバーとして2006年に韓国でデビュー。現在、GーDRAGON、SOL、DーLITE、T.O.Pが兵役についたためグループ活動を休止。ソロアーティストとして初の日本ツアー「SEUNGRI 2018 1ST SOLO TOUR 【THE GREAT SEUNGRI】 IN JAPAN」が8月11日~9月20日、全3都市6公演で開催される。(撮影/馬場道浩、スタイリング/Eun Gee(YG E+D2692NTERTAINMENT)、ヘア/Tae Hyun Kim@MIZANGWON by TAEHYUN、メイク/Mi Sug Shin、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

V.I(from BIGBANG)・ヴィアイ/1990年生まれ。韓国出身の5人組男性アーティストBIGBANG(ビッグバン)のメンバーとして2006年に韓国でデビュー。現在、GーDRAGON、SOL、DーLITE、T.O.Pが兵役についたためグループ活動を休止。ソロアーティストとして初の日本ツアー「SEUNGRI 2018 1ST SOLO TOUR 【THE GREAT SEUNGRI】 IN JAPAN」が8月11日~9月20日、全3都市6公演で開催される。(撮影/馬場道浩、スタイリング/Eun Gee(YG E+D2692NTERTAINMENT)、ヘア/Tae Hyun Kim@MIZANGWON by TAEHYUN、メイク/Mi Sug Shin、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

V.I(from BIGBANG)
(撮影/馬場道浩、スタイリング/Eun Gee(YG E+D2692NTERTAINMENT)、ヘア/Tae Hyun Kim@MIZANGWON by TAEHYUN、メイク/Mi Sug Shin、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

V.I(from BIGBANG) (撮影/馬場道浩、スタイリング/Eun Gee(YG E+D2692NTERTAINMENT)、ヘア/Tae Hyun Kim@MIZANGWON by TAEHYUN、メイク/Mi Sug Shin、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

V.I(from BIGBANG)
(撮影/馬場道浩、スタイリング/Eun Gee(YG E+D2692NTERTAINMENT)、ヘア/Tae Hyun Kim@MIZANGWON by TAEHYUN、メイク/Mi Sug Shin、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

V.I(from BIGBANG) (撮影/馬場道浩、スタイリング/Eun Gee(YG E+D2692NTERTAINMENT)、ヘア/Tae Hyun Kim@MIZANGWON by TAEHYUN、メイク/Mi Sug Shin、アートディレクション/福島源之助+FROG KING STUDIO)

──誰なのか気になります。

 T.O.Pさんとは言えません(笑)。普通、5人中4人が「お肉が食べたい」と言ったら、合わせますよね? 本人には言えません(笑)。この雑誌、韓国では出さないでしょ(笑)?

──大丈夫です(笑)。V.Iさんは映画やバラエティー番組などでも活躍されていますが、それぞれの仕事に対する思いは?

 ファンのみなさんは、自分が好きなアーティストがどんなキャラクターなのか、どんなファッションセンスをしているのか、どれだけ面白くしゃべるのか、どんな演技をするのか、全部気になるんだと思います。それで僕は全部やろうと。仕事好きの人間ですから、人を楽しませることであれば、なんでもやります。

──ラーメン店の経営や所属事務所系列のDJの会社、YGXの代表取締役就任など、実業家としても活躍されています。

 オーナーの仕事って、チームを組んでつなげていくことだと思うんですよ。僕は経営については素人ですし数字もわかりませんが、そういうことが得意な人を見つけるのがうまいんです。アーティストとは別の場所で、どこまで成功できるのか確かめてみたい気持ちもあります。将来いいお父さんになって子どもたちにアドバイスするためにも、いろんなことにチャレンジして経験を積みたいですね。

──お父さんになるのは、どのぐらい先の話?

 それが一番の悩みなんですよ。「結婚は40歳超えてからでいいんじゃない?」という人もいれば、「早いほうがいいよ」という人もいるし、カッコいいパパになりたいし、どうしたらいいんだろうと。ただ、BIGBANGというグループで若いうちに大きな成功を経験したので、小さなことに幸せを感じられる人間になりたいという思いがあります。風の涼しさとか、花の可愛らしさとか。

──現在のプライベートの楽しみは?

 やっぱりおいしいご飯ですね。人からすすめられた店にもよく行きますし、今はインドネシア料理にハマっています。インドネシア料理がどんなものか知らない方も多いと思いますが、すごくおいしいんです。

──ご自分で食事を作ることも?

 作れるんですけど、時間がかかるんですよ。スンドゥブチゲを作るのに、45分ぐらいかかるんです。普通、15分くらいでしょ(笑)。

──8月から日本ツアーも始まります。日本のファンにメッセージを。

 僕はしゃべりたい人なので、笑って楽しんで盛り上がれる、ノリノリの音楽フェスみたいなライブにしたいと思います。夏にピッタリなツアーです。楽しみにしていてください。

(取材・構成/本誌・野村美絵)

週刊朝日 2018年8月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい