丸山茂樹が思うタイガー・ウッズがトップアスリートたる所以 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹が思うタイガー・ウッズがトップアスリートたる所以

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

「タイガーの人気は一ミリも廃れてないですね。」(※写真はイメージ)

「タイガーの人気は一ミリも廃れてないですね。」(※写真はイメージ)

 さてタイガーです。メジャー15勝目なるかと大いに注目を集めた中、3打差の6位でした。17万2千人の観客動員はカーヌスティでの新記録。タイガーの人気は一ミリも廃れてないですね。改めて実感しましたけど、タイガーは、みんなが見てて楽しくなるような、ワクワクするようなプレーをするんですよね。

 結局、単独トップで迎えたサンデーバックナインで崩れました。土壇場に来てからのパワーというのは、まだ戻ってないのかなという気がしますね。大事な場面でダブルボギーをたたいてしまったところなんかは、全盛期の彼にはほぼなかったですから。

 これで世界ランキングも50位に浮上し、「WGCブリヂストン招待」(8月2~5日)の出場権獲得が確実になったみたいですね。この試合は米オハイオ州のファイアーストーンCCで開催されてきたんですけど、タイガーはここで8度も優勝してます。ファイアーストーンを使うのが今年で最後ってことで、タイガーは思い出の地でどうしても戦いたかった。すさまじい執念で、その願いをかなえました。これがトップアスリートなんですね。

週刊朝日 2018年8月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい