鈴木おさむ「車内マナーでブログが炎上し、考えた」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鈴木おさむ「車内マナーでブログが炎上し、考えた」

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

車内マナーについては「賛否両論」(写真はイメージです) (c)朝日新聞社

車内マナーについては「賛否両論」(写真はイメージです) (c)朝日新聞社

 本当に半々といった感じだったが、正直、炎上するほどのことだと思ってなく書いたので、意見の中には僕ら夫婦のことを叱る意見もまあまああった。もう一度言うが、子供を野放しにしていたわけではない。

 じゃあ、大きな声でしゃべったときにきつく叱ったかというと、そこまではしてない。ちゃんときつく叱っていたら、親のその態度に納得してくれる人もいるのか? 「この親はちゃんとわかってんだな」とアピールできたら、騒ぐ子供に対して批判的な人も減るのだろうか?

 どちらにせよ、子供が騒いだときに野放しにするのはよくないし、「うるさいな」と迷惑に思う人がいることを理解したうえで行動することは大切だ。

 と、同時に思う。この子供のことだけではなく、みんな、どこまで周りの人のことを気にして生きているのだろうと。

 自分の幸せや喜びが人を傷つけていることもあるかもしれない。意図的に人を傷つけるのはダメだが、自分たちの日常、どこまで周りに対して繊細に生きるべきなのか? どこかで線引きして生きないと、幸せであることも幸せでなくなる。これはよくないよな。やはり。

週刊朝日  2018年8月3日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

鈴木おさむ

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい