トム・クルーズの“ノージャケスタイル”にドン小西「夏のお父さんみたい」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トム・クルーズの“ノージャケスタイル”にドン小西「夏のお父さんみたい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
トム・クルーズのファッションの評価ははたして…?

トム・クルーズのファッションの評価ははたして…?

トム・クルーズ(俳優・プロデューサー)/1962年、米国生まれ。81年に映画デビュー。86年の主演映画「トップガン」の記録的ヒットで大スターに。以降、ヒット作に次々出演。ニコール・キッドマンら3人の女優と離婚歴がある=7月18日、96年以降、制作にも参加するシリーズの最新作「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の来日会見で (写真=Getty Images)

トム・クルーズ(俳優・プロデューサー)/1962年、米国生まれ。81年に映画デビュー。86年の主演映画「トップガン」の記録的ヒットで大スターに。以降、ヒット作に次々出演。ニコール・キッドマンら3人の女優と離婚歴がある=7月18日、96年以降、制作にも参加するシリーズの最新作「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の来日会見で (写真=Getty Images)

 7月18日、96年以降、制作にも参加するシリーズの最新作「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」の来日会見に出席したトム・クルーズ。ファッションデザイナーのドン小西氏がファッションチェックした。

【写真】ドン小西がチェックしたトム・クルーズの猛暑ファッションがこちら

*  *  *
 しかしまあ、ずいぶんと貫禄が出ちゃったよね。かつてのシャープなイメージはどこへやら。ふっくらとしておっさんくさいもんな。これって、ファッションにも一因があるよね。見たところ、この小豆色のパンツは、細身の高級スーツのボトム部分。日本はこの猛暑だから、スーツの上着やネクタイを取って登場したんだろうけど、シャツの袖をていねいに折りたたんでるとこなんて、通勤電車のつり革につかまってる夏のお父さんみたいだよ。

 もともとスーツの中に着るワイシャツは、下着だって知ってます? この人は着物で言うと、長襦袢で舞台挨拶に出てきちゃったようなもんだよ。せっかくの高級スーツ。ここは上下をビシッと着込んで、ターコイズのチーフかなんかをアクセントにすれば、ハリウッドスターの面目が保てたのにね。

一方、どうしても上着を脱ぎたいときは、白いTシャツと白いスニーカーに着替えて、爽やかな清涼感を感じさせるのも手。猛暑のときこそ、手抜きは禁物。いつも以上にだらしなく見えるからね。クールビズのお父さんたちも、ご注意あれ。

(構成/福光恵)

週刊朝日  2018年8月3日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい